© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」

「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」

 

先月、リニュアル仲介加盟店のお客様で、消費者セミナーに参加していただいた方に動きがありました。お客様自ら物件を探し出し、内覧につながったのですが、内覧をしたところ築25年の物件の割には劣化状況がひどく、専門家のインスペクションを受ける事になりました。リニュアル仲介サービスでは「建築士の建物インスペクションは2物件まで無料」で受けられますので、その調査を実施しました。しかし、予想よりもはるかに高いリフォームになる事が判明、その他リフォームにも夢が広がり、リフォーム予算も大幅に超えてしまいました。残念ながらその物件の購入は見送る事になりました。しかし、今回のやり取りで信頼関係の構築にはつながり、次回の物件で決まる予定です。

 

ちなみに一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会発表データで「住宅リフォーム実態調査 報告書」が出されています。

http://www.j-reform.com/publish/pdf/jitsurei-H26.pdf

 

■ 若い世代に、中古住宅を買ってリフォームする人が増えている!

リフォームを行った住宅の取得方法は若年層では、中古住宅購入が多いのが特徴です。中古住宅購入の場合は、戸建て、マンションともに入居前後のリフォーム(リフォーム実施までの居住期間0年)が約半数となっており、中古流通に際してのリフォームニーズが高まっているようです。

 

■ 戸建て住宅は築30年以上で大規模リフォームになる傾向があり、マンションは 築年数の経過と金額の関連性は低いようです!

 

少し膨大な報告書ではありますが、ぜひ、今後の参考にお役立てください。

 

法人営業部 犬木より

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して…

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思います。 最近ニュースとなっているのは小田急線下北駅ではないでしょうか。 …

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイナス金利導入後の8月から去年2018年の11月に向けて緩やかに金利は上昇…

ページ上部へ戻る