不動産取引ガイド

「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」

「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」

 

先月、リニュアル仲介加盟店のお客様で、消費者セミナーに参加していただいた方に動きがありました。お客様自ら物件を探し出し、内覧につながったのですが、内覧をしたところ築25年の物件の割には劣化状況がひどく、専門家のインスペクションを受ける事になりました。リニュアル仲介サービスでは「建築士の建物インスペクションは2物件まで無料」で受けられますので、その調査を実施しました。しかし、予想よりもはるかに高いリフォームになる事が判明、その他リフォームにも夢が広がり、リフォーム予算も大幅に超えてしまいました。残念ながらその物件の購入は見送る事になりました。しかし、今回のやり取りで信頼関係の構築にはつながり、次回の物件で決まる予定です。

 

ちなみに一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会発表データで「住宅リフォーム実態調査 報告書」が出されています。

http://www.j-reform.com/publish/pdf/jitsurei-H26.pdf

 

■ 若い世代に、中古住宅を買ってリフォームする人が増えている!

リフォームを行った住宅の取得方法は若年層では、中古住宅購入が多いのが特徴です。中古住宅購入の場合は、戸建て、マンションともに入居前後のリフォーム(リフォーム実施までの居住期間0年)が約半数となっており、中古流通に際してのリフォームニーズが高まっているようです。

 

■ 戸建て住宅は築30年以上で大規模リフォームになる傾向があり、マンションは 築年数の経過と金額の関連性は低いようです!

 

少し膨大な報告書ではありますが、ぜひ、今後の参考にお役立てください。

 

法人営業部 犬木より

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    相続時精算課税制度とは?

    相続時精算課税制度を選択すれば、2,500万円までは贈与税がかからない…

  2. お金

    収入低下で住宅ローンが苦しい…あわてて売却する前に「再起支援借り上げ制度」検討しましょう…

    住宅ローンを組んで家を買ったものの、病気やケガ、会社の業績悪化などで収…

  3. 不動産取引ガイド

    子供の成長に悪影響を与える、カビ汚染が増えている?!

    住宅の高断熱高気密化が進むなか、床下や壁内など見えない場所でカビ汚染が…

  4. 不動産取引ガイド

    見落としがちな表示変更登記

    販売チラシに記載してある「一部未登記」や「地目:山林」といったワードを…

  5. 不動産取引ガイド

    大雨に警戒 屋内避難のポイントは?

    今年は、沖縄・奄美から東海地方にかけて、平年より早い梅雨入りとなり、四…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    最近、住宅ローンの返済がきついなと思っている方、必見!
  2. マンション

    鵜呑みにして大丈夫?!「耐震改修済みトラップ!」
  3. 不動産取引ガイド

    「事故物件」価格への影響【実例】
  4. 不動産取引ガイド

    お花見は外国の方にも大好評!
  5. リノベーション

    建物の構造に関する基準として耐震等級があります。
PAGE TOP