© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

中古マンション、割安取引 が広がる?!仲介会社選定基準

最近、新築マンションの価格高騰を受け、割安感のある中古マンションに注目が集まっているようです。内容的には中古流通市場の拡大が見込まれるなか、ベンチャー企業が始めたインターネット取引が広がりを見せています。

http://www.nikkei.com/article/DGKKZO93448660Q5A031C1PPD000/

 

人件費などのコストを抑え、仲介手数料を割安にしたサービスが続々と登場し、業界的には変革期の様相を示しています。しかし注意が必要であり、不動産取引はプロである不動産仲介会社の提供する「サポート体制」をしっかり確認する事が重要です。記事にはリブセンス、マンションマーケット、ハウスマート、ソニー不動産が出ており、弊社で提供するサービスとは違った部分での差別化を図っているようでした。

 

ちなみにリニュアル仲介では下記のようなサービスが提供できます。

①購入前に無償でインスペクションを行います

②リフォーム費用を住宅ローンに一本化します

③メリットのある情報は必ずお伝えします

④本部で選定した優秀な建築会社をご紹介

⑤瑕疵保険の付帯をご提案いたします

⑥充実したアフターサービスを提供いたします

http://www.rchukai.jp/about/index.html

 

多くの消費者にとって不動産購入は一生に一度の買い物と言われますが、その購入において仲介会社の選定は非常に大切です。横浜市のマンション傾斜問題もあり、安全性に改めて注目が集まっています。ぜひ、仲介会社選びの参考にお役立てください。

 

法人営業部 犬木

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0
11月21日(土)12月19日(土)

———————————————–

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

木造戸建ての耐用年数は寿命という事なのか?

結論から先に言うと、『耐用年数=寿命』ではありません!! 戸建てはよく築20年で価値がなくなるという事を聞いた事があるかと思います。 こ…

不動産登記事項証明書がバージョンアップ!QRコードが追加されました!

令和2年1月14日から、法務局で取得できる不動産登記事項証明書(通称、登記簿謄本)の様式が変更され、QRコードが追加されるようになりました。…

昨年の改正相続法をご存知ですか?!課税という落とし穴にご注意下さい!

民法の相続規定(相続法)が2019年7月に大きく変わり、相続の際の税金の取り扱い方法にいくつか変更がありました。改正相続法は相続トラブルの回…

2019 年12月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年12月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの…

住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法

家を買って住宅ローン控除を受ける場合、また一定要件に合うリフォームをして所得税の控除を受ける場合(リフォーム減税)は、購入・入居した年の翌年…

ページ上部へ戻る