お金・ローン・税金

3種類の『耐震基準適合証明書』

建築後一定期間を経過した中古住宅を買った場合、住宅ローン控除等が利用できなくなってしまいます。

住宅ローン控除以外にも、親御さんからの住宅取得資金贈与の非課税制度や相続時精算課税制度、所有権や抵当権を登記する際の登録免許税の軽減、不動産取得税の軽減など、各種制度が使えません。

そのような時『耐震基準適合証明書』があれば、築後経過年数に関係なく、これらの制度が利用できるようになります。

しかし、『耐震基準適合証明書』という名称の書式には、複数種類あるので注意が必要です。

折角、費用をかけて証明書を取得したのに、書式が違って制度が利用できなかったというのでは、泣くに泣けません。

今回は制度ごとに使用する書式を整理してみました。

書式の画像は、ポイントとなるところのみ抜粋して色を付けてあります。

 

リニュアル仲介でお住まい探しをされた方には、これらの証明書の手配も、エージェントが間違いのないように手配を致します。中古住宅購入で失敗したくない方は、是非リニュアル仲介にご相談ください。

■住宅ローン控除、贈与税、相続時精算課税

 

■登記(登録免許税)

 

 

■不動産取得税

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 立地適正化計画をご存知ですか?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    相続争いの火種 ~遺留分について~

    不動産を所有している方が亡くなった場合、問題となる事例のひとつが「遺留…

  2. 不動産取引ガイド

    「新耐震なら大丈夫」を過信してはいけません

    中古物件を検討する場合に築年数が気になると思います。築年数は「劣化…

  3. 不動産取引ガイド

    老朽マンションの玉突き建て替えとは?!

    2018年8月19日 日本経済新聞の朝刊に『老朽マンション 「玉突き」…

  4. 不動産取引ガイド

    建物状況調査のよくある問い合わせ

    来年4月から改正宅建業法における建物状況調査に関する規定が施行される影…

  5. お金・ローン・税金

    買った家によってローン控除の上限額が大きく変わる!「200万円」「400万円」「500万円」になる時…

    住宅ローンを組んで家を買ったならば、絶対に使いたいのが住宅ローン控除(…

  6. 不動産取引ガイド

    ステイホームでも効率の良いご自宅探しができる?!「オンライン仲介」をご活用下さい!

    2度目の緊急事態宣言期間が明け、ステイホームでストレスが溜まっている方…

  1. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法
  2. 不動産取引ガイド

    「印鑑」「印影」「印章」この違いご存知ですか?
  3. お金・ローン・税金

    2019年12月 フラット35金利のご案内
  4. 不動産取引ガイド

    車庫は容積率の対象面積になるのか?
  5. 不動産取引ガイド

    災害時の公的支援の一覧
PAGE TOP