© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

2018 年6月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2018 年6月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中古マンション地域別成約㎡単価の部分を抜粋しました。詳細は下記リンクをご覧ください。

○東京都
6 月の東京都区部は 75.64 万円/㎡と前年比で 6.8%上昇し、12 年 10 月から 69 ヶ月連続で前年同月を上回った。多摩は 40.63 万円/㎡と前年比で 3.7%上昇した。

○神奈川県
6 月の横浜・川崎市は 48.88 万円/㎡と前年比で 5.3%上昇し、4 ヶ月連続で前年同月を上回った。神奈川県他は 29.39 万円/㎡と前年比で 3.2%下落し、3 ヶ月ぶりに前年同月を下回った

○埼玉県・千葉県
6 月の埼玉県は 32.30 万円/㎡で前年比プラス 10.0%の 2 ケタ上昇となった。千葉県は 27.82 万円/㎡と前年比で 3.4%上昇し、3 ヶ月連続で前年同月を上回った

◆公益財団法人東日本不動産流通機構
『月例報告 Market Watch サマリーレポート 2018年6月度』
http://www.reins.or.jp/pdf/trend/mw/mw_201806_summary.pdf

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子供部屋の概念を変えてみる!?

マイホームを購入の際、子供部屋はどうするか悩むところです。 子供にそれぞれの部屋をつくるのかそれとも独立した部屋を与えずまとめてしまう…

スルガ銀行のシェアハウス問題から学ぶ住宅ローンの考え方

スルガ銀行のシェアハウス問題を巡る投資トラブルが長期化しつつあります。 金融庁は建設資金の多くを融資していたスルガ銀行に対して、一部業…

減税措置の期限切れ間近!土地取引コストが770億円上昇も!?

平成31年度の税制改正に向けて、租税特別措置法の延長ついての要望が提出されています。 土地を取得する際にかかる「登録免許税」については…

怪しい緑と水の関係

いわずもがな、日本と自然災害は切っても切れない関係にあります。 河川の増水による、浸水被害などが起こることも珍しくありません。 …

中古戸建てのインスペクションは改修工事を前提に

改正宅建業法の施行から半年。 中古取引におけるインスペクションも徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。 改正宅建業法におけるインス…

ページ上部へ戻る