© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

今日は防災の日です。

防災に備えた備蓄品や防災グッズの見直しをしませんか?

私は水、食料、電池、ソーラーの携帯充電器、カセットコンロで使えるストーブ、携帯ラジオに簡易トイレとラップ、トイレットペーパーを少し余分用意しております。

後、ちょっと変わったところではどんな水も浄化できるストロー(人数分)があります。

一般に用意しておくとよいもの

食料・飲料・生活必需品などの備蓄の例(人数分用意しましょう)

飲料水 3日分(1人1日3リットルが目安)

非常食 3日分の食料として、ご飯(アルファ米など)、ビスケット、板チョコ、乾パンなど

トイレットペーパー、ティッシュペーパー・マッチ、ろうそく・カセットコンロ など

あると便利なのはラップとスーパーのレジ袋です。

お皿などにラップをしてから使用、あとはラップをはずして捨てるだけで洗い物が軽減されます。

スーパーのレジ袋はオムツカバーになったり寒さ対策にも役立ちます。

年一度は備蓄品の確認や見直し、家族の避難場所や連絡方法を話し合っておくのもよいと思います。

参考サイト

防災グッズ一覧

https://www.gensai.pref.hiroshima.jp/prepare/goods.html

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/bousai/sonae.html#c2

参考して下さい。リニュアル仲介の渡辺でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る