© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

お隣さんと住所が一緒、を解決する方法

もともと1宅地だった土地をいくつかに分譲して建築された建物の場合、それぞれの玄関の距離が近くなるため、すべて同じ住所(住居表示)となってしまうケースがあります。

これは、住居表示に関する法律の規定に従い、機械的に住居表示が振られているためです。

法律が最近の分譲住宅のようなやや狭めの土地での建て方を想定していなかったことに起因します。

各住戸で表札を工夫するなどの対処法もありますが、その対応を行っている市区町村もあります。

それが、住居表示の「枝番付番」制度です。

 

一例として、最近では千葉市がこの制度を導入しました。

<千葉市ホームページ>

https://www.city.chiba.jp/shimin/shimin/kusei/30jukyohyoujiedabanngou.html

それぞれ申出が必要になりますが、こちらの制度を利用することで、住所の先に枝番を振ることができます。

郵便物の誤配送を防ぐためには、便利な制度ですね。

宅地の狭小化や人口の密集など、不動産を取り巻く環境の変化はめまぐるしく、法律が対応しきれていない部分は多々あります。

 

お住まいのエリアで条例などにより独自の対応が取られていることもありますので、市区町村の窓口に相談してみるとよいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

角地はメリットがあるのか?建ぺい率の緩和措置

各市区町村では、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために、「都市計画」というものを策定しています。 これは「都市計画法」という法律が根拠…

亥年は大地震が起きやすい?!事前の備えを万全に!

先月、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)の全国大会に参加してきました。 その際、『亥年は大地震や大災害が多い』…

想像力を膨らました内見をしませんか?

住宅購入で内見をする時には内装や設備をご覧になられていると思いますが、中古住宅の場合は設備が古い・床の傷・クロスの汚れなど気になるところも多…

【地盤改良工事】工法別の費用とメリット・デメリット

土地の地盤が軟弱,これは私の実家の話です。 ハザードマップでもしっかり表れていました。 このような土地に家建てると、長期的な建物の重…

不動産用語解説。「セットバック」とは?

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。 建築基準法では、原則として、前…

ページ上部へ戻る