© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

無駄に保険料支払っていませんか?

保険の種類はたくさんあり、ご自身が何の保険に加入されているかわからなくなってしまう事ありませんか?

生命保険やがん保険、自動車保険や火災保険など、全て違う保険ですが、保険の特約が実は重複しているものもあるんです。

例えば、『個人賠償責任補償特約』です。

何度かここでお伝えした事もあるかと思いますが、火災保険のパンフレットにはこちらの保険が支払われる内容はこう記されております。

日本国内で被保険者が次の事故により他人の身体の障害または他人の財物の破損について、法律上の損害賠償責任を負担する場合。

〈対象の事故〉

  • 住宅および同一敷地内の動産の所有、使用または管理に起因する偶然な事故
  • 被保険者の日常生活に起因する偶然な事故

これは、火災保険だけでなく自動車保険や生命保険でも加入することが出来る特約ですので、各保険加入時には忘れてしまっていて、同じ特約を付加している可能性もあります。

これは保険に限らず、スマホやタブレットなどの利用や、インターネット回線やその他のサービスでも同じことが言えます。

1つのサービスが毎月500円で重複してしまっていた場合、500円かと思う方もいるかもしれませんが、気づかずにその後5年間解約せずに放置してしまうと、1年間で6,000円、5年間で30,000円もの無駄な出費となってしまいます。

保険も身の回りのものも、不自由なく使えていると気が回らない事も多いとは思いますが、たまに見直しをして、無駄な支出を失くせるようにしたいものですね。

リニュアル仲介、前田でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

2019 年8月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年8月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

親からの住宅資金援助 贈与税はかかるのか?

住宅を購入する際に、親からの資金援助を受けて購入されるお客様が増えています。 通常、1年間あたり110万を超える生前贈与には贈与税が課…

ドローンの商用化をにらんだルール整備!住宅のインスペクションにも活用が?!

政府はドローン(小型無人機)を使った宅配サービスなどの商用化をにらんだルールづくりを始めるようです。2022年度をめざし、所有者や使用者、機…

IOTで時短家事!!

IoT(アイ・オー・ティー)を簡単に説明するとモノのインターネットになります。 すべてのモノがインターネットにつながり、これによって外から…

契約の始まりと終わり ~停止条件と解除条件の違い~

高額な不動産取引においては、残念ながら思い通りに契約が進まないこともあります。 住宅ローンが通らない、必要な行政庁の許可が下りない、と…

ページ上部へ戻る