不動産取引ガイド

迷ったらエージェントに相談しよう!

エージェントの中田です。

先日、あるお客様(以下A様)のご案内に行ってまいりました。

普段なら案内に行く前にお客様と個別相談等、お客様のご意向を事前にお伺いしてから物件のご案内に行くのですが、今回は先に見たい物件があると強いご要望があり、現地でお会いすることになりました。

A様が内見したい物件で初めてお会いし、早速室内をご案内します。今回内見した物件は、空室ということもあり、ゆっくり室内を見終えたところで、お客様の家に対するご希望やご意向を現地で一通りお伺いしました。

今回ご覧になった物件は、眺望・陽当たりも良い、広さもよい、駅距離もそこそこ、室内の状態も悪くない、今お住いの環境と大幅に変わらないということで、一見表面上はお客様に合っているような感じがしました。

しかし、色々深いところまでお客様のご要望をお伺いすると、その不動産はA様にとってはマッチしておりませんでした。A様は10年後の売却を希望しており、その約10年間の希望されているライフスタイルと今回の不動産を購入して10年後売却する事を考慮すると、その両方が叶えられる物件ではございませんでした。

ということで、その日は内見した物件をお勧めすることなく、次回どのような戦略で物件をお探しし、どのような物件を見ていくかをお話しした上で解散しました。

それから数日後、A様より気になる物件の相談がありました。相談された物件を確認しますと、エリアもバラバラ、どこからどうしてその物件が気になったのか不思議の物件のチョイスでした。このままではA様が迷子になってしまうと思い、メールではなく電話でA様と連絡をとり再度ご意向の確認を取りました。A様は自分たちの基準で自分たちが購入出来る物件を中心に物件選びをされていましたが、電話でお話が出来たため、お住い探しの早い段階で修正が可能となりました。

物件選びで迷ったら、エージェントに相談しよう!

ほとんどの方が、お住い探しは初めてです。ご自身の価値観や判断基準でお住いを探すのも良いですが、ものすごく時間がかかります。実際どのような物件をどのように探せばいいか、どのように予算を考えたらいいか、分からない方がほとんどです。

あなたと同じ方向を向いてあなたの味方になってくれる担当者がいれば、プロに相談するのが一番の早道となるでしょう!

困っていること、悩んでいること、不安なことがあっても、気軽に相談できるプロがいることで、あなたのお住い探しを安心して進められることにもつながります。

ですから、お住い探しの初期段階では、物件探しをすることよりも、あなたが信頼できる不動産の担当者を見つけ、その方と二人三脚でお住い探しをされることをお勧めしています!

【追伸】

リニュアル仲介のパイロット店では、新宿の地元密着型の不動産会社ではなく、新宿から1時間圏内ぐらいの首都圏エリアで皆様のお住い探しのお手伝いをしています。

こんな街・こんな環境に住んでみたい・・・等、お客様のご意向やご予算に応じて様々なエリアを提案することが出来るのが他の不動産会社にないリニュアル仲介の強みでもあります。お客様のご意向・希望をヒアリングさせて頂きました上で、様々な視点からプロがお答えさせて頂きますので、お気軽にどうぞご利用ください。

リニュアル仲介では、ZOOMを利用したオンライン個別相談を承っています。

東京近郊の首都圏エリアにはなってしまいますが、お住い探しでの疑問点やお困りの事等ございましたらお気軽にご相談ください。

→ エージェントへの相談窓口はこちらから

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. マンション

    航空写真を使って土地の利用履歴を見る

    昔この場所は何に利用されていた土地なのか?40~50年前を航空写真…

  2. かし保険

    マンションの欠陥があったらどうする?!重大な欠陥なら10年以上も保証される?!

    2000年4月以降に売られた新築住宅で瑕疵(かし)が見つかった場合は売…

  3. 不動産取引ガイド

    損保業界初の「家族Eye」をご存知ですか?

    登録契約数が5万件突破したようです。「家族Eye」とは何か?…

  4. リニュアル仲介通信

    資産価値が目減りしない住宅購入とは?

    ~平均923万円の資産を毀損している!?~住宅の資産価値といっ…

  5. お金・ローン・税金

    耐震基準適合証明書は引渡し前に!

    間もなく確定申告の時期です。平成27年中に住宅の取得をされた方は、…

  1. 不動産取引ガイド

    登記を信じてはいけない!? 登記の公信力とは
  2. 不動産取引ガイド

    狭小地を購入するデメリットは何か
  3. 不動産取引ガイド

    迷ったらエージェントに相談しよう!
  4. 不動産取引ガイド

    家を建てる時の建築確認申請って何の申請かご存知ですか?
  5. 不動産取引ガイド

    良質な不動産会社の見分け方!? 
PAGE TOP