© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

空地・空き家所有者の探し方

全国で空地・空き家の問題が顕在化していますが、実際のトラブルには色々なケースがあります。

管理状況が悪く倒壊しかけている建物が近くにある場合や、ライフラインの工事や道路の補修が必要なのに所有者と連絡が取れない、といったケースです。

所有者不明土地の所有者探しには、いくつか方法があります。

主な方法は、登記簿謄本を取得して所有者の住所・氏名を調査する、近隣の方への聞き込みといった方法です。

ところが、近隣の方も引越し先をご存じなかったり、登記簿謄本も名義の書き換えが行われておらず、郵便物も返ってきてしまう、ということもあります。

そんな場合には、住民票や戸籍の附票などを取得して、現在の住所を調べるということになります。

他人の住民票などを勝手に取得することは原則できませんが、市区町村で「利害関係がある」と判断されれば、取得することも可能です。

戸籍法や住民基本台帳法で、利害関係人からの請求もきちんと法定されています。

実際に、隣地建物で被害が生じている場合や、工事の承諾が取れずに生活に支障が出ているケースなどは、「利害関係がある」と判断され易いと思います。

利害関係があるということを証明するための資料を集めて役所の窓口で相談するようにしましょう。

ご自身での手続きがうまくいかない場合には、リニュアル仲介までお気軽にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お隣さんと住所が一緒、を解決する方法

もともと1宅地だった土地をいくつかに分譲して建築された建物の場合、それぞれの玄関の距離が近くなるため、すべて同じ住所(住居表示)となってしま…

海外の玄関ドアは内開き 日本はなぜ外開きなのか?

家屋の玄関扉一つをとっても国によって文化的な違いがでます。 今では日本でも引き戸よりドアが一般的ですが、元来ドアを使ってきた欧米が内開きな…

売買契約の解除

売買契約の解除はどういう時に出来るのかご存じですか?? 今回は、売買契約をした際に、もし契約解除を行いたい、もしくは行わなければならな…

不動産の「シキエン」って何?!

戸建て住宅をみてまわると、「シキエン」と呼ばれる物件に出会うことがあります。このシキエンとは何か?!シキエンのメリット・デメリットについて解…

検査済証がない物件ってどうなの?

中古物件を見ていると、「検査済証がない」といった物件に、ほんとうに沢山遭遇します。建物を建てるときには、「建築確認申請→許可→工事着工・完工…

ページ上部へ戻る