不動産取引ガイド

売買契約直後の台風被害

昨年の台風は、もの凄い風でした。

四谷の街路樹が折れてしまったというニュースも耳にしました。

当然、あの台風の日、売買契約をなさった方もいるのです...私がお手伝いしているお客様もそうでした。

と、なにか起きてしまったかのように書きましたが、私のお客様は、大きな問題は起きませんでした。テレビアンテナが折れてしまい、すぐに売主さんが直してくれましたので、大事には至りませんでした。

でも、なかには大きな被害を被った方もいらっしゃるはずです。契約した物件が損傷してしまったらどうなるのでしょうか?本日は、豆知識として、そのあたりについて書いてみます。

まず、下記リンクをご覧ください。

これは、標準的な売買契約条項の一部です(※)。今回のテーマに関係する箇所に色をつけてあります。

◆売買契約条項(抜粋)

https://rchukai.jp/c_doc/20181004.pdf

※弊社は、全国宅地建物取引業協会に所属しているので、そこの書式をサンプルとしました。

難しい言葉が並んでいますが、「『物件の引渡前に』壊れた場合は『売主が直す』」と、取り決めをするのが一般的です。「壊れた」にも程度がありますので、直すのにものすごいお金がかかる場合は、契約解除となります。

ちなみに、引渡後は、売主の瑕疵(かし)担保責任の範囲か否かという判断になるのですが、別の条項で定められています。

売主の瑕疵担保責任に関しては、過去に下記の通り書いたことがありますので、そちらをご覧ください。

◆戸建リノベINFO 瑕疵担保責任、中古住宅の保証 まとめ

https://smile.re-agent.info/blog/?p=2770

契約をする前に、これらのことも確認し、納得して住まいを購入するようにしましょう。

インスペクションに関するボタンの掛け違い その5前のページ

不動産の相続登記が一部無償になります!次のページ

ピックアップ記事

  1. 土地価格の相場を知る方法
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 住宅購入は不安でいっぱい
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    変動金利と固定金利…どっちが得なの?!

    それぞれのメリット・デメリットを知って借入をしましょう。金利に…

  2. 不動産取引ガイド

    借地にも実は2種類ある!?

    不動産の販売チラシに「地代」の記載がある場合がありますね。どう…

  3. お金・ローン・税金

    マンションの価値に影響する管理規約や財務状況について…

    リニュアル仲介ローン担当です。以前あった事例をご紹介します。…

  4. お金・ローン・税金

    再建築不可物件は本当にお得なのか?

    とあるテレビ番組でタレントが中古物件を購入してDIYリフォームするとい…

  5. 不動産取引ガイド

    自分のことのように仲介する!買い替え・間取り変更を行う際は、リニュアル仲介なら安心です!

    今回、マンションから戸建て住宅への買い替えの方の事例をご紹介させていた…

  1. お金・ローン・税金

    2022年9月 フラット35金利のご案内
  2. 不動産取引ガイド

    まだ間に合います!!
  3. 不動産取引ガイド

    所有者不明土地の先進的な取り組み
  4. 不動産取引ガイド

    家を建てるときにも地球にやさしい省エネ住宅も考えみてはいかがでしょうか。
  5. 不動産取引ガイド

    不動産の「シキエン」って何?!
PAGE TOP