不動産取引ガイド

自分のことのように仲介する!買い替え・間取り変更を行う際は、リニュアル仲介なら安心です!

今回、マンションから戸建て住宅への買い替えの方の事例をご紹介させていただきます。今回のお客様は、2回目の住宅購入の方であり、その2回目の住宅購入は資産価値を考えてリニュアル仲介での購入を検討されていました。見つけた物件は築25年の木造住宅で外壁や基礎にひび割れがあり、不安な状況。加盟店様より「建物インスペクション」を実施の重要性を強くお伝えし、耐震・瑕疵保険・フラット35 適合の可否の調査を実施しました。耐震診断の結果は基準をクリアしていましたが、大胆な間取り変更を考えており、新たな間取りで耐震設計をやり直しました。2階部分の荷重や1階の梁をささえる柱を考慮すると、どうしても抜けない柱や壁があることが分かりました。しかし担当した優秀な建築会社(リニュアル仲介 パートナー会員)の技術力の高さにより、見せる筋交いの提案にてリビングの開放感を演出。リビング内に柱が1本残ってしまいましたが、構造上の安全を確保しました。

このように住宅には移動できる・できないの柱や壁がありますので、最近流行りの「建物インスペクション」を行い専門家のアドバイスを求められる事をおすすめします。

法人営業部 犬木

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 住宅購入と 生涯の資金計画
  5. 立地適正化計画をご存知ですか?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    ルーフバルコニーのメリット・デメリット

    先日の取引で、戸建のルーフバルコニーについての話が出ました。ル…

  2. 不動産取引ガイド

    どんな不動産会社を選べばよいのか?

    エージェントの中田です。前回、「なぜ不動産事業者選びを最初にするの…

  3. 不動産取引ガイド

    所有者不明土地の解消に向けて

    近年、相続した不動産について相続登記がされていないケースが数多く存在し…

  4. 不動産取引ガイド

    危険な場所は、地形図で見分ける!

    昨今、自然災害が相次いでいる。水害や土砂災害等は、地形からある程度推定…

  5. 不動産取引ガイド

    大事な老後資産 50歳になったら検討しましょう。

    現在、住んでいる「家」は自分達の老後の時期大丈夫ですか?広過ぎる、…

  6. 不動産取引ガイド

    『中古住宅 or 新築住宅』 知らないと損する購入の違いとは?!

    ■そもそも『中古住宅 or 新築住宅』と聞かれれば・・・良く不動産…

  1. お金

    『目黒区の1億超の物件を仲介』
  2. 不動産取引ガイド

    「相続」案件が「争族」となり、過料が発生するケースもある?!
  3. 不動産取引ガイド

    住宅設備の日々進化を続けているのはご存知でしょうか!
  4. 不動産取引ガイド

    火災保険、築年数での制限緩和!!
  5. 不動産取引ガイド

    新型コロナウイルスにより、地価上昇も幻となる?!
PAGE TOP