不動産取引ガイド

東京23区中古マンション価格上昇中!?

築約10年の中古マンションが2割から3割増しで売れている!?

日々取引していると、ここ一年は明らかに価格の上昇感が否めません。

現在、新築マンションの供給量が少ない上、23区内の中古マンションの流通戸数も少ない。需要と供給のバランスから、今はやや売り手の方が強気でいられるため、価格の値上がりする傾向が高いといえます。

供給戸数が増えると値崩れが起きる可能性もあるのですが、やはり23区内のマンションは需要が高いので、リーマンショックのような特別なことがない限り、東京オリンピックが開催されるまでは、上昇基調は続くのではないかと業界でもいわれています。

今検討しているお客様にとっては、買うタイミングとしては、上昇基調での購入になると言えます。かといって、上昇がいつまで続くか、値崩れがいつ起こるかを予測するのはプロでも難しいので、ただ指を加えて様子見しているだけでは、機会を逃してしまいます。

ただ、今が購入する良いタイミングであることの大きな理由として、住宅ローンの金利がほぼ底である事が挙げられます。「フラット35」6月の金利は21年~35年の返済期間で1.54%の全期間固定です。フラット35「S」基準を満たす住宅ですと、さらに当初5年間は0.6%優遇となり、0.94%で融資が受けれます。融資を受けるのであれば、今は絶好のタイミングだと言えます。

 

■23区の中で築10年のマンションが分譲時より高く売れているエリアがこちら。

千代田区、中央区、港区、新宿区、渋谷区、文京区、目黒区、品川区、大田区、江東区、台東区、墨田区、荒川区が挙げられています。

※データーは、2004年1~12月に竣工したマンションにおいて、2014年1月~12月に売りに出された物件を比較して、新築分譲時より中古が高く売れているエリア

(出所)東京カンテイ

また、こちらの記事には、

『首都圏主要駅の中古マンションのリセールバリュー率ランキング』が具体的に掲載されていますので参考にしてください。

http://suumo.jp/journal/2015/06/05/91513/

 

上記を見てもわかりますように、『不動産二極化』時代、住宅も金融資産と言えます。

人気の高いエリアは、値崩れしにくいのでそういった物件をお勧めします。

不動産の良し悪し、見極め方などは毎月のセミナーでも具体的にお教えしています。

具体的に知りたい方は、こちらからどうぞ

http://www.rchukai.jp/seminar/index.htm

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 9 【事前準備~売買契約締結 編 7/9】

    前回に引き続き「STEP 4 『商談開始(=買付申込)から売買契約締結…

  2. 不動産取引ガイド

    知っている人だけが得をする。固定資産税が安くなる方法

    不動産を所有している場合にかかる税金が固定資産税・都市計画税です。…

  3. お金・ローン・税金

    二重ローン問題 債務免除減額の手続きについて

    熊本の地震で被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。&…

  4. 不動産取引ガイド

    奇抜な建築物は許される?許されない?~景観法~

    不動産取引の関係法令第2弾、「景観法」についてのご説明です。こ…

  5. 不動産取引ガイド

    今日は防災の日です

    これから台風が多くなったり長雨が続いたり、最近では豪雨で川が氾濫したり…

  6. お金・ローン・税金

    住宅ローンを組む際にやってはいけない5つのポイント?!

    不動産購入時によく現在の家賃の支払いと、住宅ローンの返済金額が同じよう…

  1. 不動産取引ガイド

    遺言書が使えない!?相続トラブル回避術
  2. 不動産取引ガイド

    「子育て大国」で「新築マンション」
  3. 不動産取引ガイド

    66%が資産価値よりライフスタイル優先|「立地に関するアンケート」住宅購入意識調…
  4. 不動産取引ガイド

    断熱性に優れている家
  5. 不動産取引ガイド

    共働き世帯必見!待機児童ではなく、待機学童をご存知ですか?
PAGE TOP