不動産取引ガイド

インスペクション(建物調査)普及へ 中小事業者に機運高まる?!

先日、住宅新報社の記事に表題の記事が出ていました。
http://www.jutaku-s.com/newsp/id/0000029328
インスペクション(建物調査)の普及を目的とした宅建業法改正案が成立し、不動産取引の中でもインスペクション(建物調査)の利用機運が高まっているようです。

リニュアル仲介では約8年前から『建築士による無償インスペクション(建物調査)を2物件まで提供』をアナウンスしてきましたので、これを機に利用が増えればと思います。

http://www.rchukai.jp/about/index.html (リニュアル仲介のインスペクションについて)

いろいろな関係団体でもインスペクション(建物調査)の利用が増え、注意が必要な場合もあるようです。それはインスペクションを誰が担うべきかという疑問です。「国交省は、宅建業法に規定する法定義務となる業務については建築士を担い手と考えていますが、建築士でない人がインスペクション(建物調査)をやってはいけないとは規定されていません。また、13年に発表されたインスペクション(建物調査)のガイドラインでは建築士以外の調査人でも認められている為、今後、問題が発生る場合もあるかもしれません。しかし、最終的に売買瑕疵保険との連動が求められているため、「既存住宅現況検査技術者」がその担い手になるのが望ましいようです。

ちなみにハウスジーメン社の瑕疵保険の適合率は90年代に建てられた住宅でも、現場検査で6割以上が瑕疵保険「不適合」となるようです。不適合な物件は指摘事項が出されるため、その不安要素を解消し、保険適用で流通していくことが重要です。

これを機にインスペクション(建物調査)と瑕疵保険の普及につながれば幸いです。

法人営業部 犬木 裕

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 立地適正化計画をご存知ですか?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    タワーマンションの修繕費は高い!?

    東京都心部では、タワーマンションが飛ぶように売れているが、タワーマンシ…

  2. 不動産取引ガイド

    敷地のセットバックとは?(基礎編)

    建築物の敷地は、原則として建築基準法に定める幅員4m以上の道路に間口が…

  3. お金・ローン・税金

    火災保険。10年超の契約引受が停止になってしまします。

    火災保険。10年超の契約引受が停止になってしまします。割引率の高い…

  4. 不動産取引ガイド

    『山手線はこんなに勾配がある!?』

    普段、何気なく乗っている山手線・・。最近は、電車に乗っていてもスマ…

  5. 不動産取引ガイド

    見たことありますか?借地権の登記

    不動産購入に際して、土地の権利が「所有権」ではなく「借地権」となってい…

  1. お金

    金融機関によって こんなに借入可能額が違う!?
  2. 不動産取引ガイド

    「どこに住みたいか」ではなく「どこに住むことが出来るのか」
  3. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 4 【事前準備~売買契約締結 編 2/9】…
  4. 不動産取引ガイド

    「景色を借りる」~借景を楽しむ住まい~
  5. 不動産取引ガイド

    今日から4月が始まります。
PAGE TOP