© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

住宅購入に遠慮は禁物?

ほとんどの方にとって、住宅購入は人生で最も大きな買い物といえます。下手な不動産を購入してしまうと、後で大変な目に遭います。そのリスクを負うのは購入するあなた自身であって、営業マンではありません。不動産会社でもありません。

住宅購入検討者に不動産に関する専門知識がないことも当然のことです。わからないことが一杯あるのも当然です。何も恥じることはありませんし、本来であれば不動産会社がそういったことを丁寧に説明しながら進めるべきものです。

本当に良い営業マンであれば、住宅購入者に対してわらないことがないか何度も質問したり、反応を見ながら的確なアドバイスをするものです。

ところが昨今、何でもインターネットで情報収集する時代にかわり、お客様はご自身で勉強される方も増えました。それ自体は良いことなのですが、現実には住宅購入者の方が営業マンの顔色をを窺っていることがあることに驚きます。買う側が遠慮して、「もう1回見学したいのに何度も申し訳ないので頼めない」「初歩的なことをアレコレ質問するのは申し訳ない」などと考えてしまっていることが多いようです。

数千万円の、しかもよくわからないものを購入するにもかかわらず、、、

だからこそ、お客様と担当者との関係も大切になります。本音で思っている事を言い合える関係性が大切です。相性の合う営業担当者には、遠慮せず質問・相談・要求をどんどん行っていきましょう。本当の良い営業マンは、質問・相談・要求を何らかの形でしっかり丁寧に応えてくれるものです。

ちなみに、遠慮しないこととマナーを守らないことは異なるので注意してくださいね。

もう1つついでにお話しますと、「良い営業マン」という評価も立場によって全く異なります。売る側においては、顧客を上手くコントロールしてどんどん売り上げをあげる人が「良い」と評価されがちです。しかし、それは住宅購入者にとってはマイナスに働くことも多いわけです。

エージェント中田でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

昨年の改正相続法をご存知ですか?!課税という落とし穴にご注意下さい!

民法の相続規定(相続法)が2019年7月に大きく変わり、相続の際の税金の取り扱い方法にいくつか変更がありました。改正相続法は相続トラブルの回…

2019 年12月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年12月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの…

住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法

家を買って住宅ローン控除を受ける場合、また一定要件に合うリフォームをして所得税の控除を受ける場合(リフォーム減税)は、購入・入居した年の翌年…

老朽マンションの建て替えを促すための『敷地売却制度』とは?!

国土交通省は老朽マンションの建て替えを促すため、敷地売却のルールを緩和する方針との発表が2019年の夏にありました。現在は耐震性不足が認定さ…

マンションでカビが発生しやすい室内は?

日頃、お客様と物件案内に行っていますと、マンション内での結露をよく見つけてしまう場所があります。風呂場、洗面所等ではなく、お部屋でです。 …

ページ上部へ戻る