不動産取引ガイド

大人気『ポケモンGO』、AR技術を活用したアプリが不動産業界を変革する?!

スマートフォン向け人気ゲーム「ポケモンGO」がブームです。

AR技術を応用したこのゲームは、その爆発的な人気によって、世界中で話題になっています。内閣サイバーセキュリティが異例の注意喚起を行っていましたが、各地で操作中に車やミニバイクを運転して道路交通法違反で摘発されているようです。また、ゲームに夢中になり、カバン等をひったくられる事件も起きています。

ここまで社会現象化するとは思っていませんでした。

そうしたなか、アメリカの不動産業界では早くもポケモンGOをマーケティングに活かしたビジネスが生まれ始めています。
例えば、マンハッタンのワシントンスクエアパークの近くの不動産業者は、オープンハウスに集客するために、屋上にこんな広告を出したようです。

『このオープンハウスにはピカチュウがいると確信している。お見逃しなく。』

また、ワシントン州のレドモンドでは、Zillow(米国版SUUMO)のとある物件概要の一番下に次のように記載したようです。
『ポケモンGOのジムまで徒歩5分』(※ジムとは、ポケモンが戦う「ジムバトル」のこと)

日本においても公園内でポケモンのキャラクターが沢山捕獲できるとあって、かなりの人が集まっているようです。
不動産購入に際して、『公園が近くにある』ことを望む方が多くいらっしゃいます。
意外とポケモンキャラクターの多い公園の資産価値は高いのか?!と考えてしまいます。
もちろん、駅近、利便の良い場所の公園だと思いますが・・・。

このようなAR技術を応用して、物件ごとにハザードマップの状況や事故物件かどうかなども判断できるようなアプリが今後はリリースされてくると思います。この『ポケモンGO』ブームの中で日本でも不動産との関係性が深まりそうです。

法人営業部 犬木 裕

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    ハイサイドライトとトップライトとの違い?

    ハイサイドライト(高窓)壁面の高い位置に取り付けた窓のことで、…

  2. 不動産取引ガイド

    売る時に価格が下がりやすい物件とは?(自主管理のマンション編)

    マンションは各住戸の所有者(区分所有者)で管理組合を設立する事が義務付…

  3. 不動産取引ガイド

    リビングをアウターリビングに!

    リビングをもっと広く使いたいと思っている方はバルコニーもリビングのよう…

  4. 不動産取引ガイド

    防災の日に考える家庭備蓄

    毎年も9月になると防災についていろいろな防災グッズや防災についての特集…

  5. 不動産取引ガイド

    固定資産税がかからない土地!?

    不動産に関係する土地に「固定資産税」という税金があります。不動産を…

  6. 不動産取引ガイド

    激甚化する水害と住まい選び

    一般社団法人日本建築学会は「激甚化する水害への建築分野の取組むべき課題…

  1. マンション

    リノベーション済み物件
  2. 不動産取引ガイド

    「ロジック+捨て物件見学」で、家探しを効率的に進める方法。戸建て希望の方は必須の…
  3. 不動産取引ガイド

    空き家対策待ったなし!
  4. 不動産取引ガイド

    住宅性能表示制度とは
  5. 不動産取引ガイド

    不動産は「リアル」と「メタバース」、2つ所有する時代になる?!
PAGE TOP