不動産取引ガイド

WEBアプリを活用して不動産価格などを透明化する?!

不動産業界で中古マンションの適正価格を人工知能(AI)で推定したり、各種サービスをIT(情報技術)で支援したりするベンチャー企業が増えています。つい先日、弊社リニュアル仲介(東京・新宿)でもセルフインスペクションアプリ「SelFin(セルフィン)β版」をリリースしました。http://www.rchukai.com/selfin/

セルフィンの利用は無料で、不動産ポータルサイトの物件概要のページURLをコピー&ペーストするだけで、自動で物件情報が入力される入力補助機能なども用意されています。セルフィンを利用すると下記のような情報が判断できるようになります。

<セルフィンが提供する情報>

  1. 価格の妥当性の判定
  2. 対象不動産の流動性の判定
  3. 立地にようる資産性の判定
  4. 住宅ローン減税の対象か否かを判定
  5. 耐震性の判定
  6. マンションの管理状況・修繕積立金の判定
  7. 土地の資産性の判定(戸建て)

商慣行などで不透明さが残る不動産業界だからこそ、このような便利ツールなどを通じて、弊社のお客様が増えてくれればと思います。

少し前には賃貸物件ではイタンジ(東京・港)では、架空や成約済みの賃貸物件をネットに掲載して客を呼び寄せ、別の物件を紹介するおとり商法を見破るサービスを提供しています。その他にもAIで中古マンションの適正な価格を推定するプロパティエージェント(東京・新宿)、ハウスマート(東京・渋谷)やHawMaなどの仕組みもあります。

そもそも不動産ITベンチャーが増えている背景には消費者意識の変化が挙げられるようです。ITに慣れ親しんだ1980年代から2000年代初頭生まれの「ミレニアル世代」が不動産の第一次取得世代の仲間入りを始めた事が大きいようです。ミレニアル世代はなんでもスマートフォンなどを活用して検索し、比較・検討する世代のため、ミレニアル世代の方には今回リリースしましたセルフィンを是非、ご利用いただければ幸いです。

法人営業部 犬木 裕

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 立地適正化計画をご存知ですか?
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    旧耐震マンションにフルリノベ

    先日、都営新宿線 駅徒歩5分の物件(江東区)をご案内に行ってきました。…

  2. 不動産取引ガイド

    空き家対策待ったなし!

    日本の人口が減り続け、次第に顕在化する空き屋問題。日本の空き家って…

  3. 不動産取引ガイド

    熊本地震が遺した教訓(その1)

    8,329戸が全壊という甚大な被害をもたらした熊本地震からまもなく3年…

  4. 不動産取引ガイド

    ペットと共に快適な家づくりのポイント

    ペットは大切な家族の一員です。我が家には2匹の猫がおりますが家を購…

  5. 不動産取引ガイド

    小・中学生から学ぶ、住宅の資産性とエリア選択

    ※トップ画像は、国土交通大臣賞(最優秀賞)絵画の部 小学生の部…

  6. 不動産取引ガイド

    2040年に生産年齢人口が2割も減少!あなたが買おうとしているその物件は20年後でも買い手がつく物件…

    国立社会保障・人口問題研究所 所長の森田朗氏の記事が面白かったのでご紹…

過去記事

  1. マンション

    資金計画の練り直しが希望の住まい発見の糸口に
  2. 不動産取引ガイド

    不動産購入時に思いを馳せる3つのポイント!
  3. 不動産取引ガイド

    注文住宅を建てるときやリフォームする時、フローリングをどう選べばいいのでょうか?…
  4. 不動産取引ガイド

    次は東京オリンピック!
  5. 不動産取引ガイド

    マンション建て替えしやすく 所有者合意2/3に変更される予定です!
PAGE TOP