不動産取引ガイド

憧れの一戸建て。リアルに買えるエリアの見つけ方。【後編】

今回は、後編として「地価公示・都道府県地価調査の情報を用いて俯瞰し、現実的なエリアを絞り込む方法」をご説明致します。
まず、広い地域を俯瞰してエリア選定を行なう時に役立ちそうなサイトをお伝えします。

◆地価マップ

http://www.db-map.com/ztika/a.html

※タブを切り替えて「住宅地、住宅見込み地」だけ表示される様にしたほうが見やすいと思います。

これは、地価公示(国交省)と地価調査(都道府県調査)(以下、地価公示等)の情報をgoogle map上にプロットしたものです。
地価公示等は、実勢の価格よりもやや低くでることが多いですので、実際に取引されるときの土地値は地価公示等×1.1~1.2程度になると思います。
前編で触れた延べ床面積を一つの足掛かりに逆算をし、地価公示等がいくら以下の地域が候補となるかを計算してみたいと思います。
戸建ての場合、用途地域が「一種低層:建ぺい率40%・容積率80%/同50%・100%、 一種中高層等:同60%・160又は200%」と指定されている地域の物件が主な候補となると思います。

数字が小さいほど、敷地に対して小さい建物しか建てられませんから、隣の家との間隔が広く、ゆったりとした地域になります。

延床面積が100平米ほしいとした場合、前者の一種低層の地位では、敷地面積が100~125平米なければいけません。

先日お伝えしたパワービルダーで新築した場合の建築費用が1500万円、予算が3000万円だとした場合、残り1500万円が土地に使える予算となり、1500万円÷100~125平米=平米単価15~12万円。これを実勢価格相当にした場合には、1.1~1.2で割ることになりますから、地価公示等の価格では13.6~11万円程度のところが射程圏内ということになります。

後者の一種中高層のような地域の場合、三階建てが建ちますので、敷地面積は前者の地域よりも小さくても済みます。

容積率が160%の地域だった場合、敷地面積が75平米あれば、延べ床面積で120平米・3階建てが建てられます(敷地形状等により変化します)。

上記計算式の“1500万円÷100”のところを75平米に置き換えて計算を行ない、地価公示等は18万円程度まで射程圏内ということになります。

「ゆったりとした戸建てが希望で3階建てはいや」という方は、一種低層の方の計算式で算出される地価のエリアを探すようにしましょう。

不動産情報のポータルサイトをひたすらチェックし続けるのも一つの手ではありますが、「イレギュラー要素があるから安い」というような物件も混在しており、結局、自分たちの予算内でちゃんとした物件が買える現実的なエリアが分からなくなってしまうこともあります。

前編・後編でお話ししたような方法を用いて俯瞰をすると、深堀りすべきエリアを見つけることができます。

 

もちろんリニュアル仲介では、このようなエリア選定からお手伝いをさせて頂いております。お困りの方は是非ご相談ください。

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

 

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    マイナス金利効果!住宅ローン借り換えが2.5倍以上になっています!

    日銀のマイナス金利政策を受け、住宅ローンの借り換えが急増しているようで…

  2. お金

    「手付金って頭金!?」家探しの資金計画で失敗しない為の知識

    家を買う時にはよく「頭金」という言葉ができてきます。でも、多くの方が「…

  3. 不動産取引ガイド

    出るか、お宝!?~埋蔵文化財包蔵地~

    不動産取引の現場では、重要事項説明として関係法令についての説明がありま…

  4. 不動産取引ガイド

    不動産の4つの価格 その2 「固定資産税評価額」

    前回は、不動産の4つの価格のうち、「公示価格」についてお話ししました。…

  5. 不動産取引ガイド

    不動産売買における「契約」はどの時点で成立するのか?

    民法では、売買契約は当事者の口頭による合意だけで成立するとされており、…

  6. 不動産取引ガイド

    インスペクションに関するボタンの掛け違い その3

    インスペクションに関する勘違いシリーズです。今回は「調査対象範囲」…

  1. お金・ローン・税金

    フラット35がお勧めな理由
  2. 不動産取引ガイド

    「建物状況調査(インスペクション)」の担い手となるための資格取得講習会 6月26…
  3. リノベーション

    中古戸建てのリスク=劣化の有無きちんと検査して対策を講じれば家は長持ちします。
  4. 不動産取引ガイド

    玄関・窓をIoT化
  5. お金・ローン・税金

    省エネ住宅エコポイント対象のリフォーム内容のお知らせ
PAGE TOP