不動産取引ガイド

9月は火災災害について考えませんか?

9月は防災月間です。大正12年9月1日に発生した関東大震災の教訓から、またこの時期は台風の被害が多い時期でもあることから防災月間と定められました。職場や学校、町内会などで防災訓練をされた方も多いと思います。

防災と一口に言っても想定される災害は様々です。身近にイメージできるものでは地震、火災、水害、土砂災害などでしょうか。それぞれに対策が異なりますし、住んでいるエリアによってはそれほどリスクがないものもあるので、ハザードマップを確認して、今住んでいるエリアの場合、どの災害に備える必要があるかを確認することが大切です。

<国土交通省ハザードマップポータルサイト>
https://disaportal.gsi.go.jp/

さて、9月は関東大震災のあった月ですから、地震対策と言いたいところですが、関東大震災の被害で目立ったのは火災被害です。最近はあまり言われなくなったのですが、ひと昔前まで「地震が起きたらガスを消せ!」と言われていたのは関東大震災の教訓が受け継がれてきた表れです。(現在では地震時にはガスの供給が自動的にストップします)
あまり火災について検討する機会もないので、9月の防災月間は火災をテーマにしてみるのはいかがでしょうか。(我が家で阪神淡路大震災のあった1月に地震対策、9月は火災をテーマに再点検をしています)

防災対策は「最悪」の状況を想定することが始まりです。戸建て住宅の場合、コンロにかけた油が勢いよく燃えるシーンが想像しやすいと思いますが、関東大震災のような大きな地震が起きた時は「街ごと燃える」のです。
ですから、家の中の対策ももちろんですが、避難場所を想定し、避難ルートを確認することが大切です。(「街ごと燃える」状況の時は逃げることが第一です)いろいろな災害対策とも共通しますが、避難場所を定めて家族で情報共有し、避難ルートを確認しておきましょう。

前述のコンロ火災のように小規模火災の場合は初期対応が大切です。消火器は設置されているでしょうか。火災報知器は付いているものの電池が切れていませんか?家庭内の消防設備の点検を行いましょう。

また、災害時はパニックになりがちなので予め防災訓練などで疑似体験することも有効です。ちょうど9月の防災月間では、地震体験ができる起震車を使ったイベントや、消防署では消火器の使い方などを教えてもらえる講習などが開催されます。防災訓練と聞くとめんどくさいと思われがちですが、いざという時に経験しているのとそうでないのとで大きく差が出ます。大切な時にパニックに陥らないためにも、防災訓練を通じて疑似体験しておくことを強く推奨します。(消火器も初めてだと上手く使えませんよ!)

火災で最悪な状況は「動けなくなること」です。よく地震に耐えても火事で燃えたら意味がないじゃないかと言う方がいるのですが、大きな違いがあります。地震で家屋に被害が及ぶと家に押しつぶされてしまう恐れがあります。これでは火の手が迫っても逃げることができません。逃げるだけの時間を稼いでくれるだけの性能が必要です。

マンションの方はマンションで防災訓練を行うと思うので、めんどくさがらずに家族で必ず参加してください。避難経路を確認することももちろんですが、共用部の消火設備の使い方を確認することも大切です。

いつ来るかわからない、被害にあわないかもしれない、ではなく、いつか必ず被災することを前提に、今できることをきちんと対策しておきたいものです。

リニュアル仲介の稲瀬でした。

 

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)

 

■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

ピックアップ記事

  1. 住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    自宅は夢のマイホームではなく、「運用資産」と考えるべき

    最近お客様に案内する際には、「自宅といえども、売却することを考慮した方…

  2. 不動産取引ガイド

    戸建て住宅を検討されている方必見、外壁塗装診断で利用されるABCチェックについて

    戸建て住宅を購入する前・購入後に住宅のメンテナンスは必須です。■外…

  3. 不動産取引ガイド

    「市街化調整区域」を聞いたことがありますか?

    物件を探す際に見かける「市街化区域」と「市街化調整区域」と言う言葉を見…

  4. 不動産取引ガイド

    WEBアプリを活用して不動産価格などを透明化する?!

    不動産業界で中古マンションの適正価格を人工知能(AI)で推定したり、各…

  5. 不動産取引ガイド

    リノベで解消できない致命的欠陥!?新企画・平日夜のショートセミナー

    今回は、久しぶりのリニュアル仲介新企画のご案内です!お仕事帰り…

  6. 不動産取引ガイド

    住宅の地盤改良の費用はどのぐらいかかるのか?

    土地を購入して、家を建てる場合、または、古家付の土地を買って、建替えを…

  1. 不動産取引ガイド

    自宅売却、購入価格との差は平均923万円?!
  2. お金・ローン・税金

    住宅ローンの繰上返済。
  3. 不動産取引ガイド

    固定資産税がかからない土地!?
  4. 不動産取引ガイド

    空き家を「準公営住宅」として活用していく?!家賃を補助し、子育て世帯支援を実施?…
  5. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 8 【事前準備~売買契約締結 編 6/9】…
PAGE TOP