不動産取引ガイド

主要都市の地価は89%の地区で上昇基調

国土交通省の「主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)」の最新データが公表されました。このレポートは、主要都市の地価動向を先行的に表しやすい高度利用地等の地区について、四半期毎に地価動向を把握することにより先行的な地価動向を明らかにすることを目的として行われています。

◆対象地域

三大都市圏、地方中心都市等において特に地価動向を把握する必要性の高い地区

東京圏43地区、大阪圏25地区、名古屋圏9地区、地方中心都市等23地区 計100地区 住宅系地区・・・高層住宅等により高度利用されている地区( 32地区)

商業系地区・・・店舗、事務所等が高度に集積している地区( 68地区)

毎月私が不動産相場の情報として「戸建てリノベINFO」に掲載しているものよりも広域なのが特徴的です。自分が住んでいるエリアの不動産相場は、他の地域と比較して強いのか?客観的に知るには良い情報ですね。

◆国土交通省「主要都市の高度利用地地価動向報告(地価LOOKレポート)」

http://www.mlit.go.jp/report/press/totikensangyo04_hh_000148.html

◆詳細資料はこちら

http://www.mlit.go.jp/common/001222039.pdf

家を持っている方も、これから買う方も、常に不動産相場は確認しておくようにしましょう!以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

**************************************************

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」

    「築年数によってどれくらいのリフォーム費用が掛かるの?!」&n…

  2. 不動産取引ガイド

    夏の日差し、どう対処していますか?

    とうとう梅雨も明けて暑い日が続きますが熱中症対策は行っているでしょうか…

  3. 不動産取引ガイド

    確定申告 新築住宅購入の際の住宅借入金等特別控除(住宅ローン減税)

    昨年、新築(中古)住宅購入をされた方が対象になる確定申…

  4. 不動産取引ガイド

    今日は防災の日です

    これから台風が多くなったり長雨が続いたり、最近では豪雨で川が氾濫したり…

  5. 不動産取引ガイド

    戸建て住宅の外壁塗装の時期は外壁材によって、〇~〇年が目安です。

    中古住宅購入時に外壁の痛みが気になる方がいます。そもそも外壁の資材の種…

  6. 不動産取引ガイド

    お隣さんと住所が一緒 住居表示のカラクリ

    戸建てを購入した際に、お隣の家と住所が一緒で驚かれる方がいらっしゃいま…

  1. リノベーション

    間取り変更+用途変更 賃貸物件を住居へリフォーム
  2. 不動産取引ガイド

    人口が減少し、加速する空き家について
  3. 不動産取引ガイド

    畑や田んぼに家が建つ ~農地法~
  4. 不動産取引ガイド

    大規模なリフォームは確認申請が必要な場合があります。
  5. リノベーション

    築43年の一戸建てを思い通りにリノベーション
PAGE TOP