お金・ローン・税金

2020年7月 フラット35金利のご案内

2020年7月のフラット35金利は、20年以下が1.03%、21年以上が1.10%と先月から0.01%プラスとなりました。

大手銀行5行の代表的な固定期間10年の最優遇金利については、三菱UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行の4行が長期金利の上昇などを踏まえ先月から引き上げとなり、りそな銀行は先月から据え置きとなっています。
小幅な増減を繰り返していますが、引き続き、低金利水準が継続していると言えるでしょう。

【フラット35 7月実行金利】

借入期間15年~20年 1.03%(先月+0.01%)
借入期間21年~35年 1.10%(先月+0.01%)
※上記金利には団信特約料が含まれておりません。

2020年4月にフラット35の制度改正が行われました。

主な変更点は下記の通りです。

〇総返済負担率の算定に含める借入金の対象が一部見直されます

・賃貸予定又は賃貸中の住宅に係る借入金の返済額を年間合計返済額の対象に追加
・売却予定の住宅に係る住宅ローンの取扱いの見直し

〇資金使途がセカンドハウスの取得の場合の取扱いが一部見直されます

セカンドハウスを取得するための【フラット35】を二重に借り入れることはできない取扱いとなります。

〇【フラット35】借換融資の借入期間が一部見直されます

借入期間の下限「15年」を一部見直し、「「35年」-「住宅取得時に借り入れた住宅ローンの経過期間」」が15年未満となる場合においても【フラット35】借換融資をご利用いただける取扱いとなります。

制度改正に関する詳細はフラット35のホームページをご覧ください。
【フラット35制度改正お知らせページ】
https://www.flat35.com/topics/topics_20200131_1.html

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 土地価格の相場を知る方法
  3. 危険な場所は 地形図で見分ける
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    2019年1月 地震保険料改定

    地震が多発している事もあり、地震保険には加入される方も多いかと思います…

  2. お金・ローン・税金

    平成27年7月 住宅ローン審査における既存借入金額の扱い

    多くの方が住宅購入にあたって「住宅ローン」を利用します。住宅ローンの利…

  3. お金

    全壊認定でローン残高の50%が免除される住宅ローン

    地震・噴火・津波により自宅が「全壊」と認定された場合、り災日時点の建物…

  4. お金・ローン・税金

    「マイナス金利」住宅ローンにどう影響している?

    最近、新聞の一面や経済雑誌、マスコミ等で毎日のように目にする『マイナス…

  5. お金・ローン・税金

    戸建てを新築するための土地購入資金で、親から金銭の贈与を受ける場合の注意点

    夫婦共有名義で、家を建てようとしたAさんご主人様は、ローンを組んで…

  6. お金

    不動産投資家 4割が失敗を経験?

    投資などの情報提供を行うマネージンの記事から。http://mon…

  1. お金・ローン・税金

    住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 不動産取引ガイド

    電力自由化で別の問題がおきています。
  3. 不動産取引ガイド

    熊本地震で今後心配しなければならないのが、心の病…
  4. 不動産取引ガイド

    築地火災の原因は伝導過熱,一般家庭でも起こり得ます!?
  5. 不動産取引ガイド

    築10年で実際に壊れたもの
PAGE TOP