不動産取引ガイド

是非一度ショールームを見に行ってみましょう!

ご存知ですか?住宅設備のいろいろ。
物件にはおおまかに新築と中古に分かれます。
最近は中古住宅のリフォーム済み物件もよく目につきます。
実際内見に行くと、リフォーム済み物件は当然内装は新築同然。
でも価格は新築よりお手頃!とっても魅力的に感じるかと思います。

中古住宅は売主が引っ越して1ヵ月もすると、部屋やベランダの片隅には小さいクモの巣が…なんてこともザラです。
だって人が住んでいないんですから。

でもちょっと待ってください。
そのリフォーム、本当にご自身のお好みのリフォームですか?

たしかにリフォーム済み物件はキレイだしイメージもわきやすい…
でも、
床の色はどうですか?
壁紙の色はどうですか?
キッチンの仕様はどうですか?
お風呂の形はどうですか?

理想通りであれば、こんなにラッキーなことはないと思います。

でも未リフォームの物件を100万、200万、300万円お安い価格で購入できたら、
差額で好みのリフォームができますよね。

どんな設備があるのか、是非住宅設備のショールームを見に行ってみてください。
自分好みにカスタムできたら…そんなに良いことはないですよね!

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 危険な場所は 地形図で見分ける
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    半地下車庫のメリットとデメリット

    先日、一戸建ての購入を検討されているお客様をご案内しました。そ…

  2. お金・ローン・税金

    中古住宅のローン控除利用。物件選びの内見時から注意を向けましょう。≪マンション編≫

    築25年(非耐火構造の場合は20年)を超えても、既存住宅瑕疵(かし)保…

  3. 不動産取引ガイド

    住宅購入で新築を選ぶ理由と裏で犠牲になる将来へのリスク

    初めて家を買う時に、新築にこだわる人が多いです。それでは、そこまで…

  4. 不動産取引ガイド

    住宅を購入する際の販売図面に記載されてますが、あの数字の意味ご存知ですか?

    今更聞けない!!建ぺい率・容積率について…建ぺい律とは、建築面…

  5. 不動産取引ガイド

    リフォームと建て替えどっちにしますか?

    私の家は築70年以上の古民家になります。ここで考えるのが古民家を活…

過去記事

  1. マンション

    マンションの修繕積立金、75%が足りず 高齢化により増額が難しい?!
  2. 不動産取引ガイド

    自分たちの「価値」も家選びの軸にしよう!
  3. お金・ローン・税金

    地方公共団体における住宅リフォームに関する支援制度サイト
  4. 不動産取引ガイド

    <コロナ禍の不動産購入> コロナ禍で注目される?!神奈川県への移住が増えている?…
  5. 不動産取引ガイド

    平成31年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」をご存知ですか?!
PAGE TOP