© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

『ローンの返済を具体的に比較検討、シミュレーションするならこれ!』

物検討物件もある程度絞られてきた・・・、実際にこの物件を購入するかしないかという段階になって初めて、住宅ローンを真剣に考え出す方が多いです。

ですが、都心の人気エリアでは、スピード感が必要な物件が多く、その段階で真剣に検討し出しても遅いケースもあります。ですので、なるべく早い段階で資金計画をきっちり立てておきましょう!

そこで、複数の金融機関、複数の金利タイプの住宅ローンを比較して、ご自分の家計に合ったローンを検討・シミュレーションできるサイトがあります。

http://www.simulation.jhf.go.jp/type/simulation/hikaku/openPage.do

返済比較表

他のシミュレーションサイトとは違い、かなり細かく試算できるのが特徴です。

最大3つのプランを同時に試算比較することが可能。

・住宅ローンの返済額だけでなく、諸費用を含む総支払額などを試算も可能。

・返済プランの試算後に「繰上返済」を行う場合の試算が可能。

繰上げ返済

繰り上げ返済も試算できますので、より返済イメージが付きやすいです。

(例えば・・こんな試算も出来ます)

  1. ボーナス払い併用せず35年間でとりあえず組み、毎年30万円繰上返済した場合何年で返済が終わり、総支払額がいくら削減できるか。
  2. 子供が小さいうちの最初の5年間繰り上げ返済をしたら、どのぐらい月々の返済額を抑えることができるか
  3. 10年後には子育てが終わるのでそこから5年間毎年100万円の繰り上げ返済をしたらあと何年で返済がおわるか・・・等々

具体的なシュミレーションと、具体的に比較ができますので、ローンの借入プランをどれにするか迷われている方には、きっとお役に立つと思います。

どうぞご活用下さい。

リニュアル仲介 中田でした。

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

9月26日(土)10月24日(土)11月21日(土)

———————————————–

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

贈与しても不動産取得税がかかる?

不動産を取得した後、しばらく経ってから請求される税金として、「不動産取得税」(都道府県税)というものがあります。不動産を取得すると同時に支払…

親からの贈与などなど。贈与税はいくらからかかるかご存知ですか?

個人から現金や不動産などの財産をもらった人には、贈与税が課せられます。 贈与税はその人が1月1日~12月31日までの1年間にもらった財…

相続した農地の有効活用法

相続が発生した際に、親が所有していた田舎の農地を引き継ぐといったケースがあります。 相続人の方は都心でサラリーマンをしており、相続した…

「事故物件」価格への影響【実例】

安い物件には、それなりの理由があります。 その理由の一つに、「心理的瑕疵物件(しんりてきかし)」、いわゆる「事故物件」というのがありま…

所有者不明の土地

現在、登記簿上で所有者がたどれない“所有者不明土地”が増え続け、その総面積は九州の広さを超えるそうです。 以前は山間部に多いとされていまし…

ページ上部へ戻る