不動産取引ガイド

中古住宅購入の経験者・予定者が「建物検査(インスペクション)」で重視した項目は?

中古住宅を購入する上で、皆さん不安に思うことは、建物の性能
「ちゃんと住み続けられのか」
「傷んでいる部分があるのではないか」
「耐震性は・・」

そうした不安への対策として、購入前に住宅の検査を行うインスペクション(建物検査)があります。
もう皆さんご存知でしょうか・・。

国土交通省『インスペクションに関する消費者アンケート調査結果』によると、住宅購入経験者・予定者が重視する検査項目は、耐震性、シロアリの食害、雨漏り、建物の傾斜、給排水管の漏れ・詰まり錆の発生が上位の回答となっています。

2015121201

 

つまり、生活の安全安心の確保や持続性に関する項目が上位回答でした。
ここまでは納得できるのですが、一方でこんなデーターが有ります。

購入予定者で建物検査利用すると思うと答えた人の割合63%に達し、建物検査に対する潜在的なニーズは高いと考えられます。

2015121202

しかし、購入経験者で現在は必要性を感じながら、購入時に検査を利用しなかった人の一番目の理由は「検査そのものを知らなかった」で71.5%に達している。

2015121203

※インスペクション実施の決め手は、不動産事業者の勧めがあるかないか?!

インスペクション(建物検査)を行わなかった消費者が「行わなかった理由」
「そういうことができると知らなかった」
「何かあったら不動産会社に言えば対応してくれるから調べなくても良いと思っていた」
「知っていたが案内されなかったので」
という消極的な判断が続いています・・。

つまり、購入後の生活にとって重要な情報について「調べられるのなら調べたい」とする消費者に対して、何らかの検査を行うか否かは、不動産事業者の勧めがあるかないかという、至って単純な理由が大きく左右していたのです。

これは驚きの事実ではありますが、不動産取引では、インスペクションを入れることによって契約まで長引くケースがあり不動産仲介業の営業マンがそもそも案内したくない、また営業マンがそもそもよくわからないといったこともあります。

リニュアル仲介では、中古住宅を購入する際には「建物インスペクション」を推奨しており、購入判断材料として建物の劣化具合やリフォームの必要性等を確認することを強くお勧めしております。

⇒弊社では、木造住宅に関しましては、
「建築士による事前建物検査(インスペクション)」を実施。最大2物件まで無料!
(※耐震診断は有料となります。)

木造住宅の事前インスペクション風景(動画) https://youtu.be/RWi3en8tQmg

ご利用いただいたお客様のご感想 https://youtu.be/2EW4JT2qdE4

その他、中古住宅購入に係る税金と減税制度、住宅ローン控除やフラット35Sなどのお得な「住宅取得支援制度」が利用できそうかどうか、「瑕疵保険」が付保できそうかどうか、どうすればそういった制度を利用できるようになるか等、中古住宅を安心してお得に購入できるようエージェントがきちんとアドバイスさせて頂いております。

住宅購入の際には、リニュアル仲介に気軽にご相談ください。
以上、リニュアル仲介本部 パイロット店 中田でした。

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    平成31年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」をご存知ですか?!

    平成31年度「長期優良住宅化リフォーム推進事業」の受付が開始されました…

  2. 不動産取引ガイド

    宅建業者について

    今回は不動産業以外の方にはあまり知られていない、宅建業者の事についてお…

  3. かし保険

    既存住宅売買瑕疵保険を活用しましょう

    既存住宅売買瑕疵保険は消費者保護が目的の制度です。特に戸建て住宅の場合…

  4. お金

    老後問題は「未来」の話ではなく「対岸の火事」でもありません

    先日人口減少問題を取り上げたので、今回は高齢者問題です。これから家…

  5. 不動産取引ガイド

    中古マンション、割安取引 が広がる?!仲介会社選定基準

    最近、新築マンションの価格高騰を受け、割安感のある中古マンションに注目…

  6. 不動産取引ガイド

    私道として利用される宅地の相続税評価について

    個人が所有している宅地の一部が私道として利用されて…

  1. かし保険

    「建物状況調査」を使いこなせる不動産業者を選びましょう!平成30年度法改正で大き…
  2. 不動産取引ガイド

    リフォーム費用の相場はどのくらい?
  3. 不動産取引ガイド

    2018 年9月度の不動産相場
  4. 不動産取引ガイド

    あなたのまちは、どれくらい危険ですか?
  5. 不動産取引ガイド

    ラジコンやドローンを飛ばしてはいけません! ~航空法~
PAGE TOP