不動産取引ガイド

新築マンションなのに、契約解除という事態がおこります。

先日、報道にありました、問題となっているのは、東京・文京区の静かな住宅街の中にたたずむ、地上8階建てマンション。
このマンションは、全戸完売にもかかわらず、契約解除という、異例の事態になっています。
2016年2月には、入居となっていたにもかかわらず、売り主からの一方的な契約解除という異常事態になったのは、都知事の付属機関である東京都建築審査会が下した、建築確認を取り消す決定だったのです。

その原因はこのマンションの駐車場を避難階としていたからです。
駐車場から外に出るためには、段差およそ2.5メートルのスロープを上がらなければいけないため、建築審査会は、駐車場を避難階ではないと判断したそうです。

建築計画が持ち上がった2004年から周辺住民とトラブルがあったと報道されています。

一般の方が新築マンションを購入する際に工事中のトラブルや周辺住民とトラブルがあった事など分からず住んでからトラブルに巻き込まれるかも知れません。購入の前に不安に思う事はプロに相談されることをお薦めいたします。

このところ相次ぐ新築マンションの問題が報道されておりますが、弊社は中古住宅をおすすめしております。特に築10年以降マンションですと価格も安定し地盤に問題があれば表面化してきますので購入後に住めなくなる様な問題は起きにくいと思います。
大切な家族と過ごす場所なので慎重に検討したいものです。

もし、気になる物件がありましたら弊社のエージェントにお気軽ご相談ください。
リニュアル仲介、渡辺でした。

ピックアップ記事

  1. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 危険な場所は 地形図で見分ける

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    人口が減った自治体ランキング

    東洋経済に面白い記事が掲載されていました。この3年「特に人口が…

  2. お金・ローン・税金

    省エネ住宅ポイント使ってリフォームを考えてみませんか?

    おはようございます。リニュアル仲介の渡辺です。最近リノベーショ…

  3. 不動産取引ガイド

    価格交渉が上手く行ったら・・

    内見をいくつか重ねていき、いよいよ「購入しても良いかも・・」という中古…

  4. 不動産取引ガイド

    隣地とのトラブル…お困りではありませんか?

    戸建ての場合、快適に過ごすには隣地との良好な関係も重要だと思います。…

  5. 不動産取引ガイド

    2世帯住宅への憧れ(ただし親世代限定)

    時代を象徴する庶民の憧れのアイテムがあります。古くは3種の神器(テ…

  1. 不動産取引ガイド

    住宅購入で新築を選ぶ理由と裏で犠牲になる将来へのリスク
  2. 不動産取引ガイド

    年末年始も不動産取引ができる!?
  3. 不動産取引ガイド

    予想以上の反応で、私達もびっくりしました
  4. リノベーション

    2回の建物インスペクションでようやく辿り着いた安心の我が家
  5. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除と残高証明書①
PAGE TOP