マンション

「東京地・高裁 石綿(アスベスト)で法廷閉鎖」。久しぶりに目にする“石綿(アスベスト)”。でも中古住宅の売買では連日登場します。

2015年12月15日「東京地・高裁 石綿で法廷閉鎖」というニュースが流れました。

通称アスベスト。
社会的に問題が取り沙汰されてから月日が経ち、日常生活では、あまりこの言葉を目にすることはなくなってきました。
でも、不動産の売買に携わる私達は、毎日のようにこの言葉を目にします。
理由は、不動産購入の意思決定をする前に行なう「重要事項説明」で、必ずこの部分についての説明をしなければならないからです。
例えば、中古マンションの取引に際して、重要事項説明書を作成する不動産業者は、マンションの管理状態を確認する為に、『重要事項に係わる調査報告書』という書類をマンション管理会社から発行してもらいます。
この中には、マンション全体の修繕積立金の残高や未納の額、ペット飼育や楽器使用等、マンション使用に関する規定の有無等が書かれているのですが、それら項目の内の一つに「アスベストの使用調査」という項目があり、その内容を重要事項説明書に転記します。
アスベスト調査の為にはそれなりの費用がかかることもあってか、殆どの場合「調査未実施」や「弊社(管理会社のこと)社員もしくは管理員が、立ち入ることのできる部分のみ目視確認。」といったように書かれています。
また、重要事項説明書の特記事項の部分には、下記のような文章が入ります。

≪文例1≫

本物件建物には、アスベストが使用されている可能性があります。
また、アスベストが使用されている建物の解体費用は(改修費用)は、通常より高額になる場合がありますので、あらかじめご承知おき下さい。

≪文例2≫

アスベスト使用の有無について質問がありましたが、使用の有無は不明です。
アスベストを含有したアスベスト成型板は、平成16年10月にその使用が禁止されるまでは、広く使用されていましたので、平成元年に建築された本件建物の一部にも使用されている可能性があります。
アスベスト成型板は、通常の状態で使用されているのであれば、そのこと自体で健康被害の心配はないとされていますが、増改築や解体にあたっては、飛散防止の措置が必要となりますので、通常の解体工事費用が割高になるおそれがありますが、その費用負担は買主の負担となることを予めご了承下さい。

※出典:東京都不動産協同組合『特約・容認事項文例集』

あまりスッキリしない書かれ方です。
でも、中古住宅の場合、既に建物が建っており、壁や天井の内側で隠れていて見えない部分や、使用されている建材にアスベストが含有されているかなどを、全て調査することは現実的にはできず、このような書き方にせざるを得ない訳ですね。
築年数からおよその判断をし、古いものは、多少リフォーム額が上乗せになる可能性があるというのを前提に、考えておきましょう。
アスベストとリフォームの関係については、下記リンクをご覧下さい。

(一社)住宅リフォーム推進協議会「住宅リフォームとアスベスト」

http://www.j-reform.com/asbestos/contents/reformkouji.html

以上、リニュアル仲介本部 パイロット店 エージェント 石川でした!

—————————————————————————
「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0
12月19日(土)2016年1月23日(土)2月20日(土)
—————————————————————————

ピックアップ記事

  1. 土地価格の相場を知る方法
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 立地適正化計画をご存知ですか?
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    安売りしている土地の理由<但し書き道路>

    目を引くような安さで売り出されている土地を見つけたとします。「…

  2. 不動産取引ガイド

    中古マンション市場に異変が起きている。

    三菱地所レジデンスが一棟丸ごとリノベーションした中古億ションと言われる…

  3. 不動産取引ガイド

    <田舎暮らしを考えている方へ> 「水害避け集団移転」という記事から学ぶべきこと?!

    ■国が本格的に水害被害の軽減に動き出す?!大規模な水害に備えた新た…

  4. 不動産取引ガイド

    木造戸建ての耐用年数は寿命という事なのか?

    結論から先に言うと、『耐用年数=寿命』ではありません!!戸建てはよ…

  5. 不動産取引ガイド

    空き家対策に何ができるのか?

    全国の増え続ける空き家・空地については、色々な方面からの対策が検討され…

  6. 不動産取引ガイド

    ビル空室率と併せて考える住まい購入

    都心5区のビル空室率の上昇が止まらないという記事がありました。…

  1. 不動産取引ガイド

    太陽光パネルの垂直設置のメリットやデメリットについて
  2. お金・ローン・税金

    3,000万円控除とは?
  3. お金・ローン・税金

    住宅購入時の自己資金の目安ってご存知ですか?
  4. 不動産取引ガイド

    マンションの建て替えに必要な”合意形成”
  5. お金・ローン・税金

    マンションの価値に影響する管理規約や財務状況について…
PAGE TOP