不動産取引ガイド

家探しは慎重に!「大正9年の調査開始以来、初めての減少(平成27年国勢調査)」

2月下旬に「平成27年国勢調査」速報集計の集計結果が公表されました。日本の人口は1億2711万人となり、平成22年から94万7千人減少(0.7%減)、年平均18万9千人減少(0.15%減)。 大正9年の調査開始以来、初めての減少という結果となりました。

住宅の価格も需要と供給で決まります。需要というのは、人口(世帯もありますが)です。こうれは周知の事実だと思います。人口・世帯が減少に進むのは、随分前から分かっていたことですが、これを捉えて、「需要が減るのだから、資産保全を考えれば家を買うのはリスク」と考えるのは短絡的過ぎます。

何故かといえば、人口減少はまんべんなく減少するのではなく、恐らく、まだらに減少していくことになるからです。具体的に言えば、就業人口を多く抱えているところ、便利なところの人口密度は変わらず(=人口が減らず)、不便なところは激減する、と私は考えます。

将来においても人口が減らない場所(=需要が残る)に家を買うことができれば、住宅購入は資産形成おいて、とても強い味方となってくれることでしょう。リニュアル仲介は、資産価値が下がらない住宅購入のお手伝いを致します。

 

◆平成27年国勢調査 人口速報集計結果 要約

http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka/pdf/youyaku.pdf

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

———————————————–

「資産となる不動産を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.jp/semi/

———————————————–

 

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 土地価格の相場を知る方法
  3. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  4. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    住宅ローン控除を理解しておきましょう。

    住宅借入金等特別控除とは、居住者が住宅ローン等を利用してマイホームを取…

  2. 不動産取引ガイド

    電球の色の話

    前回、紹介しました我が家のPhilips Hue(ヒュー) ホワイトグ…

  3. 不動産取引ガイド

    出生数が初の100万人割れ、また出生率低下が不動産取引にも影響を及ぼす?!

    厚生労働省が6月2日(金)に発表した人口動態統計によりますと、2016…

  4. 不動産取引ガイド

    減少するリアル店舗 「商業施設に近い」というPR文に資産価値を落とす要素が・・・

    2016年10月16日夕刊フジの記事で、「個人商店が成り立たなくなって…

  5. お金・ローン・税金

    その「手付金」ホントに払って大丈夫!?

    不動産の取引では、交渉が成立して売買契約を結ぶ際に「手付金」を支払いま…

  6. 不動産取引ガイド

    売買契約の際の登記ってなぜ必要なのかご存知ですか?

    売買契約が無事に終了し、代金の授受が終わると、買主の土地所有権を保全す…

  1. 不動産取引ガイド

    不動産を「差押え」られてしまったら?
  2. 不動産取引ガイド

    今後の住宅ローンの金利はどうなる?
  3. 不動産取引ガイド

    〇〇テックの活用で、不動産相場価格が把握できるようになってきました。
  4. 不動産取引ガイド

    「羽田新ルート」に伴う騒音 都心の不動産価格にも影響?
  5. 不動産取引ガイド

    リフォーム・リノベーション・リファイニング工事とは?
PAGE TOP