© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

中古住宅ならではの家づくり 設備も間取りも思いどおりに実現できました

物件は魅力的だが、古いので性能が不安…

構造性能を確保しつつ、大胆な間取り変更で快適な住空間を実現

 

当初は建売物件を中心に家探しをしていたNさん。しかし、立地や間取り、価格面で折り合いがつかなかったことが原因で、一旦は家探しを中断されたことがあるそうです。

今回Nさんが購入した物件は大通りに面しでおらず、また駅から近いので、静かで通勤が便利な好立地。また、敷地も広く子供たちも元気に遊べる点が気に入って購入を決めました。

ただ、この物件は昭和52年築で、建物が構造上問題がないか、腐食などしていないかなどの不安を感じられていました。

建築士による耐震診断を含めた建物インスペクションを実施。問題のある箇所を明確にし、現行の耐震基準を超える性能に改善しつつも、細切れで使いにくかった間取りを変更し、一つの大きなリビングに。構造上外すことが適切で無いと判断した壁は「見せる筋交い」として、リビングの開放感を確保しました。

広いリビングと心地良い無垢材のフローリングが特にお気に入りだそうです。

考えていた予算より少しオーバーしてしまったのですが、間取りや設備など自分たちで納得して決めることができたので大満足のNさんです。

 

201408_r21_c8

間仕切りを排除し一つの大きな部屋と することで、明るい雰囲気のリビング に様変わりしました。

特徴的な階段手すりは再利用しました。 今ではなかなか見ないデザインです。

特徴的な階段手すりは再利用しました。
今ではなかなか見ないデザインです。

キッチンは最新式のシステムキッチンへ。

キッチンは最新式のシステムキッチンへ。

トイレに設置した造作戸棚。こういた 細やかな工夫ができるのも中古ならで はです。

トイレに設置した造作戸棚。こういった
細やかな工夫ができるのも中古ならで
はです。

201408_r13_c5

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅は一生の買い物でなく、家族構成に応じて買い替えるべし

誰しも30年、40年先の日本がどうなっているか、そんなことは誰にもわからない。 だから、そんな先のことを悩んでも仕方がない。 自宅購入に…

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!

最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。 その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォー…

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてはいけません~住宅ローン減税編~

耐震基準適合証明書に関する情報提供を行っている関係で、他社での取引なのですが住宅ローン減税に困った消費者が、ホームページからお問い合わせされ…

介護を考えたリフォーム

私にはは80歳を超えた両親がいます。 現在は同居はしておらず、両親は二人暮らしです。 まだ二人とも持病はあるものの自分のことは自分で…

人口が減った自治体ランキング

東洋経済に面白い記事が掲載されていました。 この3年「特に人口が減った」自治体ランキング ~山間部の自治体では人口減少が顕著に~ …

ページ上部へ戻る