© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

創るを楽しむ家

居室の壁・天井はご主人が自ら漆喰塗りを実施

Cさんが購入したのは、神奈川県横浜市の閑静な住宅街にある、平成元年築の木造一戸建て。広いお庭が特徴の物件です。
インスペクションの結果、耐震と劣化で若干の問題が発覚しましたので、間取り変更と合わせて改修工事を実施しました。もともとダイニングとリビングが仕切られていたところを、間仕切り壁を撤去し一体化したことで、広く気持ちのよいリビングを実現。既存住宅瑕疵保険も付保して安心です。
もともと「ものづくり」が得意なCさん。自分でできる範囲は自分でやろうと決めていたそうです。間取り変更や耐震補強工事などはプロに任せて、全居室の壁・天井はご主人自ら漆喰塗りにチャレンジ。また、寝室の床材の施工にもチャレンジされました。床材の施工は流石に難しいので、工事会社に教えてもらいながら進めたそうです。
オーダーメードのリフォームが楽しめるのがリニュアル仲介の特徴ですが、自ら「創るを楽しむ」ことができるのもリニュアル仲介ならではの買い方です。

h2410_jirei_002

リビングと一体になったダイニング。壁側のテーブルはリフォーム端材を利用してご主人が自作されたものです。

h2410_jirei_003

外壁塗装を行ったので、防水対策もばっちり。とても築20年以上の住宅には見えません。

h2410_jirei_004

壁天井は漆喰塗り。すべてご主人による施工です。

h2410_jirei_005

寝室の床材もなんとご主人の施工。一度やってみたかったとのことです。

h2410_jirei_05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

IT重説が仮スタート!不動産取引のIT化は加速するのか?

令和1年10月1日より、ITを活用した不動産売買に係る重要事項説明等の社会実験がスタートしました。 不動産取引において欠かせない重要事…

2019 年9月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年9月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

中古住宅購入時の「畳の張り替え」について

最近、中古住宅購入時に畳を望む方が増えているようです。ブームの再燃でしょうか? その為、本日は『中古住宅購入時の畳の張り替え』と題して…

駅・線路の地下化。不動産にはどのように影響するのか?

近年、駅・線路を地下化とする動きをニュースで見るかと思います。 最近ニュースとなっているのは小田急線下北駅ではないでしょうか。 …

今後の住宅ローンの金利はどうなる?

住宅金融支援機構が提供する「フラット35」の金利は、21016年マイナス金利導入後の8月から去年2018年の11月に向けて緩やかに金利は上昇…

ページ上部へ戻る