© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

中古住宅だからこそ実現できたこだわりのリフォームと 快適な住空間

過去の新築購入時の苦い経験を活かして
細部に至るまでこだわりのリフォームを実現。

Aさんは築15年以内でなるべくリビングの広い2階建て住宅を探していました。Aさんが見つけたこの物件は大手ハウスメーカーによる築14年の2階建て戸建て。主要駅から徒歩15分と好立地にもかかわらず、広さの割にお得感のある物件でした。
懸念されたのはハザードマップで河川浸水3mのエリアだったこと。しかし地域を理解し、リスクを知った上でできる対策をすれば大丈夫と購入を決断。26帖の広いリビングと価格が魅力的だったとAさんは振り返ります。
新築時から20年間のハウスメーカーによる保証を引き継ぐことができたので、既存住宅売買かし保険は必要ありませんでした。また、仲介の担当者がハウスメーカーと交渉してフラット35利用に必要な中古住宅構造確認書を入手することができました。
Aさんが実施したリフォームは、全室の床・壁紙の張り替えからキッチン・トイレ・洗面など設備の交換、システム収納家具設置など多岐に渡ります。屋根には遮熱塗装を施し、太陽光発電パネルの増設、HEMSの導入、全部屋LED化など省エネにもこだわったリフォームを実施しました。
リビングの壁面に収納棚を備えた間仕切り壁を設置し、リビング側は室内の調湿効果のあるエコカラットで仕上げ、また壁面に新たに間接照明を増設し雰囲気のよいリビングに仕上がりました。家の収納はすべてシステム収納家具へ変更し、引っ越しの際にそれまで使っていた収納をすべて廃棄しました。
Aさんが過去に新築を買ったときは何一つ仕様を変えることができず、無理して生活していたそうです。今回の住宅購入にあたって事前に住宅展示場やリフォームのショールームを数多く見学していたため、どのようにリフォームしたいかを具体的に想像することができ、コンセントの増設や照明の移設など細かな部分を含めて綿密に工事業者と打ち合わせを行い、納得のいくリフォームが実現しました。
玄関タイルの張り替えやウッドデッキの塗装などは友人に譲ってもらった工具を使ってDIYリフォーム。今後もリフォームやDIYで家づくりを楽しみたいと語るAさんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

贈与しても不動産取得税がかかる?

不動産を取得した後、しばらく経ってから請求される税金として、「不動産取得税」(都道府県税)というものがあります。不動産を取得すると同時に支払…

親からの贈与などなど。贈与税はいくらからかかるかご存知ですか?

個人から現金や不動産などの財産をもらった人には、贈与税が課せられます。 贈与税はその人が1月1日~12月31日までの1年間にもらった財…

相続した農地の有効活用法

相続が発生した際に、親が所有していた田舎の農地を引き継ぐといったケースがあります。 相続人の方は都心でサラリーマンをしており、相続した…

「事故物件」価格への影響【実例】

安い物件には、それなりの理由があります。 その理由の一つに、「心理的瑕疵物件(しんりてきかし)」、いわゆる「事故物件」というのがありま…

所有者不明の土地

現在、登記簿上で所有者がたどれない“所有者不明土地”が増え続け、その総面積は九州の広さを超えるそうです。 以前は山間部に多いとされていまし…

ページ上部へ戻る