不動産取引ガイド

間接照明の使い方で1UP。

間接照明という言葉はあちこちで聞く機会が多いかと思うのですが、さて実際にどのようなものであるかご存知でしょうか?
間接照明は光が「何か」(壁や天井など)にあたり、その反射光を利用して周囲を照らすものとなります。
反射することによって光は柔らかくなり、雰囲気作りに役立つ光になります。

間接照明の特徴と使用目的

間接照明の特徴としては天井などに設置する直接照明と違って、反射を利用するために穏やかな光になりやすく、陰影が浮き出しやすくなるという点が最大の特徴でしょうか。
そのため気分を落ち着かせたり、逆に気分を盛り上げたりすることが出来るのです。
直接照明が生活のための照明であるとするならば間接照明は部屋を演出する照明といえるでしょう。

間接照明のメリット

・気分をコントロールするのに最適であり、癒しを味わうことが出来ます。
・種類が豊富で、気分に合った間接照明を選択することが簡単です。
・直接照明は基本的に天井据え付けであることが多く、間接照明は移動・設置が比較的簡単です。

間接照明のデメリット

・生活光としては利用しにくいです。
・どうしても直接照明または補助照明のサポートを必要とします。
・設置場所や壁や天井の材質により思い描いたものと異なってしまうことがあります。

間接照明はほかの照明に比べて多種類の照明器具があります。
自分の気に入った照明手段を選択するのがよいと思います。
照明は身近なものなので少しだけ特徴を説明します。

キャンドル
ほかの照明とは違い火の明かりをそのまま使用するので幻想的なイメージを作りやすくなります。

電球
光量を自在に絞れたりするものがあるなど、間接照明としても大変使いやすいものです。

LED(発光ダイオード)
現在照明の主流である蛍光灯に代わる商品と期待されているのがこのLEDです。低電力、省エネで発光できたり、通電と同時に最大輝度で点灯できるなどさまざまなメリットがあります。

間接照明にも大変使いやすい素材といえるでしょう

あとは照明器具のデザインや設置の場所にもよりますが上手に光と影を使いお部屋の演出をしてみてはいかがでしょか。

リニュアル仲介、渡辺でした。

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 立地適正化計画をご存知ですか?
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    地盤の液状化現象・洪水などの自然災害によるリスクとなる土地なのかを事前に調べる方法。

    地盤の液状化現象とは、地震によって地盤が液状になる現象の事をいいます。…

  2. 不動産取引ガイド

    津波警戒区域の指定は3割どまりの現状をどう住宅購入にいかすか?!

    ■「津波災害警戒区域」の指定状況について国土交通省によると、津波被…

  3. 不動産取引ガイド

    意外に知らない「住民票」の秘密

    別に秘密でも何でもありませんが、住民票の小ネタです。居住地の市…

  4. 不動産取引ガイド

    あなたの家、キャパオーバーですよ!

    リビングに物が散乱している状態を「生活感が溢れる」と表現します。こ…

  5. 不動産取引ガイド

    実測売買と公簿売買の違い

    土地の登記記録にはそれぞれの土地面積が記載されているものの、その面積と…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    所有者不明土地の解決へ向けて一歩前進。土地を所有することの責任とは?
  2. 不動産取引ガイド

    行政の不動産情報が統合され、便利な世の中になる?!
  3. 不動産取引ガイド

    ドローンを活用してのインスペクションは広がるか?!老朽化が進む高速道路の管理にも…
  4. 不動産取引ガイド

    不動産業界の実態
  5. 不動産取引ガイド

    不動産の2022年問題、大都市部で宅地が大量発生する?!
PAGE TOP