© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

いつまでたっても減らない「おとり広告」…国土交通省が規制強化!!

国土交通省は「おとり広告」の規制に乗り出すようです。
そもそも「おとり広告」とは何かご存じですか?

①取引の申出に係る不動産が存在しないため、実際には取引することができない不動産についての表示
②取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引の対象となり得ない不動産についての表示
③取引の申出に係る不動産は存在するが、実際には取引する意思がない不動産についての表示

要するに、広告は出ているのに購入出来ない物件という事です。
こういったおとり広告のせいで、内見すら出来ずガッカリされた方も多いはずです。
悪質業者はこのおとり広告を使って、問い合わせをいただいたお客様に対し「契約済となった」と伝え、別物件を紹介し手数料を得るという事を行っております。

首都圏不動産厚生取引協議会では2014年4月から不正が見つかった業者については不動産情報を扱う主要5ポータルサイトへの広告掲載を1カ月以上停止するというペナルティーを課すなどして対策をしてきましたが、広告改善の見込みの低い不動産会社は少なからず存在し続け、更には別会社を設立するなどの手法をとっており、現状はまだまだ改善は出来ていないようです。

年度末に向けて、国土交通省が規制に乗り出すので、この機会に悪しき慣習を一掃してもらえたら嬉しいですね。
リニュアル仲介では、こういったおとり広告にも負けずにお客様をサポートしていきますので、お困りの事がございましたらお問い合わせください。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

椅子にすわってなにをする!

人は何かをする為にに座ります。 建築家で家具のデザイナーでもあるコルビジェは「講義をするときには高い腰掛けに活動的に。談笑するときには肘掛…

フラット適合証明書の残念な事例

適合証明技術者のための住宅レーダーというお知らせがあります。フラット適合証明技術者向けの文書で、制度改正など適合証明技術者に必要な情報配信を…

不動産の放棄制度を整備!?

先日の「相続登記義務化を検討」に引き続き、政府は「不動産の放棄制度」の法整備を検討しているようです。 現在の法律では、「イチかゼロか」…

二回目のマイホームを購入を考える時期

今回はこのような記事を見つけましたのでご紹介します。 一回目のマイホームを購入後月日が経ち数十年も経つと飽きもくるし、どことなく古びて…

不動産関連ニュースは鵜呑みにしてはいけません!

年明けから春先まで不動産の繁忙期と言われます。こういう時期は不動産会社のテレビコマーシャルが増え、ネットには不動産に関するニュースが多く流れ…

ページ上部へ戻る