© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

土地・建物には細かな制限があります。

一見なにげなく建っている家にはさまざまな制限の中,建てられています。
建物を建てる時に必ず守らなければならない建築基準法があります。

単体規定

単体規定とは、個々の建築物そのものの安全性や居住性を確保することを目的に、建築物の敷地、構造、居室の採光・換気、建築設備、建築材料の品質等に関する制限や、災害危険区域、地方公共団体の条例による制限の付加等が定められています。

集団規定

集団規定とは街づくりプランである都市計画の方針実現等のため、都市計画区域および準都市計画区域内における建築物の敷地の接道義務、用途制限、建ぺい率、容積率、高さ等の制限等が定められている。
もし、気に入って購入した家を建て直したいと思ってもその土地が再建築不可の土地だった場合は建て直せませんし 、増築ならいいだろうと思い2階から3階にしようとしても高さ制限があり増築できないかも知れません。

また前面の道路の為セットバックを余儀なく求められ土地が削られるかもしれません。

リニュアル仲介のエージェントは、契約までにお客様の購入物件の調査をし、不備が見つかった場合はお客様に告知を致します。

後で後悔しないために専門の方にちゃんと見てもらうことをお進めいたします。

リニュアル仲介、渡辺でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/(ご利用は無料です)
■資産となる家を真剣に考えるセミナー

http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

***************************************************

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子供部屋の概念を変えてみる!?

マイホームを購入の際、子供部屋はどうするか悩むところです。 子供にそれぞれの部屋をつくるのかそれとも独立した部屋を与えずまとめてしまう…

スルガ銀行のシェアハウス問題から学ぶ住宅ローンの考え方

スルガ銀行のシェアハウス問題を巡る投資トラブルが長期化しつつあります。 金融庁は建設資金の多くを融資していたスルガ銀行に対して、一部業…

減税措置の期限切れ間近!土地取引コストが770億円上昇も!?

平成31年度の税制改正に向けて、租税特別措置法の延長ついての要望が提出されています。 土地を取得する際にかかる「登録免許税」については…

怪しい緑と水の関係

いわずもがな、日本と自然災害は切っても切れない関係にあります。 河川の増水による、浸水被害などが起こることも珍しくありません。 …

中古戸建てのインスペクションは改修工事を前提に

改正宅建業法の施行から半年。 中古取引におけるインスペクションも徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。 改正宅建業法におけるインス…

ページ上部へ戻る