© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

リフォーム済み物件でも 過信は禁物

劣化改修・耐震改修・断熱改修…
性能向上リフォームで築47年の物件が安心・快適住宅に

もともとは他県から単身赴任より、福岡の地に来ましたが、福岡の住みやすさを気に入り、永住するご決断をされたIさん。そんなIさんが購入したのは築47年の不動産会社が売主となるリフォーム済み物件でした。住宅購入に際しては最初から新築住宅より、少し古い感じの中古住宅に興味を持たれていたようです。今回の物件はかなり築年数の経った物件でしたが、売主事業者により室内側はリフォームも行われ、見た目が綺麗であったため、今回の物件に決めることにしました。
安心して住宅購入を行うために、加盟店の提案により、リニュアル仲介サービスを利用することにしました。さっそく建築士による建物インスペクション(耐震診断含む)を実施してみると、リフォームされて一見綺麗に見える状態だったのですが、耐震診断の結果は0.63と基準を満たさず、更に断熱性能もかなり低い状態であることが分かりました。
すでに外壁塗装済だったのですが、古い感じが残っていることが気になっていたので、思い切って外壁カバー工法(外断熱)を実施することになりました。また、屋根や床・壁の断熱改修と全ての窓を断熱性の高いものへ交換するなど、断熱性能向上を重視したリフォームを実施しました。
幸い、3か所の改修工事で耐震基準を満たすことができ、耐震基準適合証明書発行により住宅ローン減税も適用できました。さらにリフォーム瑕疵保険(ワイド)を付保し5年間最大1000万円の保証が付くほか、国交省の長期優良住宅化リフォーム推進事業の補助金(100万円)も活用することができました。各種補助制度の活用で200万円以上もお得になりました。
物件の良い点、悪い点を適確にアドバイスいただくことで、満足度の高いマイホームを手に入れることができました、と大満足のIさんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自宅マンションの売却価格(販売履歴など)を一瞬で判定?!ぜひ、14万棟以上の全国マンションデータベースをご覧下さい!

自宅マンションの売却価格(販売履歴など)を一瞬で判定?!ぜひ、14万棟以上の全国マンションデータベースをご覧下さい! 〇マンション売却…

2019 年3月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年3月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

新築建物は誰のものか?建築請負契約と施主の関係

今回は、新築建物の建築を建設会社にお願いした場合、いつから依頼者のものになるのか、というお話です。 ポイントは、建築中の建物は誰のもの…

地震保険の割引制度

住宅購入の際に欠かせないのが火災保険ですが、火災保険とセットで加入を検討したいのが地震保険です。 地震が原因の火災の場合、地震保険に加入し…

知らないと損をする3000万円控除とは!?

日本の不動産税制では、自分が住む目的で所有している住宅(住居用財産)について「3000万円の特別控除」、「軽減税率の特例」、「買換えの特例」…

ページ上部へ戻る