© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

23区内にありながら 最寄り駅徒歩1分の好立地

家族が住む家は安全でなければならない、必要最低限のリフォームで高い性能を確保

中古住宅を検討するにあたって耐震性に不安を感じていたSさん。耐震診断に関する相談をきっかけにリニュアル仲介へお問い合わせいただき、物件探しも含めお手伝いさせていただくこととなりました。
Sさんが購入したのは駅から徒歩1分という好立地物件。築15年超ながらも売主様がきれいに使用されていましたので、住宅設備は細かな補修はあるものの、ほぼリフォームせずにそのままご利用いただくことができました。
また、建物の構造性能を非常に気にかけていたSさん。通常は耐震診断は非破壊目視で実施するのですが、せっかくだからと、リビングの壁を一部開口して構造材の確認も実施しました。

この物件の問題点は建物外周部にありました。リビングにトップライト(天窓)があるのですが、過去にその天窓から漏水が発生し、補修した履歴がありました。また、屋根も築年相応の状態です。そのままでも住むことができないわけではないのですが、水の侵入を防ぐことが建物を長持ちさせる重要なポイントになることから、屋根・外壁の塗装工事を実施することになりました。
予算の関係で設備を重視し、外周部に手を入れないケースが多いのですが、Sさんのように予防保全対策を講じることで、家が長持ちするので、住宅の資産価値の目減りを防ぐ対策にもつながるのです。

h2411_jirei_03

売主様が綺麗に使われていたので、リビングはクロスの貼り替えのみ。

h2411_jirei_04

奥様のご要望で食洗機を後施工しました。

h2411_jirei_05

壁を開口して構造材を確認。

h2411_jirei_06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

注文住宅を建てるときやリフォームする時、フローリングをどう選べばいいのでょうか?

フローリング材には色や種類、値段、特徴や機能も色々あって迷いますが、 自分に家にあったフローリング選びをして、自分らしい素敵な住まいづ…

【住宅ローン減税1】不動産会社選びが重要です!

不動産購入で失敗しないためには、業者任せではなく、消費者も知っておくべき情報がたくさんあります。戸建てリノベINFOではみなさまの不動産購…

あなたに合った構造は?注文木造住宅の工法と特徴

木造は、日本の注文住宅の半分以上の割合を占める工法です。 古くから日本人に好まれてきた木造住宅の工法別に特徴とメリット、デメリット等を…

最近話題のSDGsをご存知ですか?SDGsの17の目標とは・・・

■最近、目にすることが多くなったSDGsをご存知ですか? 最近、新聞やテレビの中でよく聞くようになった「SDGs(エスディージーズ)」とい…

2020 年1月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2020 年1月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの中…

ページ上部へ戻る