© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

築25年の木造住宅を耐震の技術で間取りの再構築気持ち良い大空間を実現

大胆な間取り変更で大きな空間を実現しつつ、耐震性能はしっかり確保

中古住宅+リフォームを検討していたNさんが見つけた物件は築25年の木造住宅でした。建物インスペクションの結果、外壁や基礎にひび割れがあるなど若干の劣化は見られるものの、リフォーム前でも耐震診断の結果は基準をクリア。良い状態の物件でした。

1201506事例
1階に和室があり台所が独立している、建築当時に流行った間取りで、今の住宅と比べると窮屈な雰囲気でした。Nさんはリビングだけでなく水回りも含めて大胆な間取り変更を実施。大空間を実現しつつも耐震性能はしっかり確保。このリフォームを実現できたのは、担当したリフォーム会社の耐震の技術によるものでした。

201506事例2
リビングと和室の間仕切り壁は見せる筋交いでリビングの開放感を演出。もともと和室だったスペースには畳の小上がりを設置し、畳の良さを活かしつつ、大きな収納スペースを確保しました。

201506事例5
もともと独立していたキッチンは対面式のキッチンへ。リビングが一望できます。お風呂・トイレなどの設備も高性能な設備に入れ替え、新築分譲住宅では実現できない豪華な仕上がりとなりました。

06201506事例4

201506事例3
耐震性が確保できているので耐震基準適合証明書も発行され、住宅ローン減税もばっちりです。安心して暮らせる我が家を実現できて満足なNさんでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

角地はメリットがあるのか?建ぺい率の緩和措置

各市区町村では、都市の健全な発展と秩序ある整備を図るために、「都市計画」というものを策定しています。 これは「都市計画法」という法律が根拠…

亥年は大地震が起きやすい?!事前の備えを万全に!

先月、日本木造住宅耐震補強事業者協同組合(略称:木耐協)の全国大会に参加してきました。 その際、『亥年は大地震や大災害が多い』…

想像力を膨らました内見をしませんか?

住宅購入で内見をする時には内装や設備をご覧になられていると思いますが、中古住宅の場合は設備が古い・床の傷・クロスの汚れなど気になるところも多…

【地盤改良工事】工法別の費用とメリット・デメリット

土地の地盤が軟弱,これは私の実家の話です。 ハザードマップでもしっかり表れていました。 このような土地に家建てると、長期的な建物の重…

不動産用語解説。「セットバック」とは?

戸建てや土地の販売チラシに「セットバック」という記載があった場合、気を付けることはなんでしょうか。 建築基準法では、原則として、前…

ページ上部へ戻る