不動産取引ガイド

あなたのまちは、どれくらい危険ですか?

東京都は、平成30(2018)年2月15日、「地震に関する地域危険度測定調査(第8回)」を公表しました。都内の市街化区域の5,177町丁目について、各地域における地震に関する危険性を、「建物倒壊危険度(建物倒壊の危険性)」、「火災危険度(火災の発生による延焼の危険性)」に加えて、前回から測定を始めた「災害時活動困難度(前記2指標に災害時活動困難度を加味して総合化したもの)」を加味し、総合危険度について測定されています。

◆東京都都市整備局「地震に関する地域危険度測定調査(第8回)」

http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/bosai/chousa_6/home.htm

これに加えて、皆様に個人的に意識していただきたいことがございます。それは、あなたが住む家の耐震性です。火災の延焼、活動困難度など、大地震があった“後の”リスクも重要な要素ですが、地震が起きたときに、あなたが住む家が倒壊してしまっては、“後の”ことなど考える必要もなくなってしまうのです。まずは、地震時の命の安全を確保すること、その後に、避難時の安全性を確保する、という優先順位で考える必要があると思います。

もちろん、資産価値の観点で考えても、災害によって所有する不動産の価値がなくなってしまうということもあります。皆様の住んでいる地域や、これから買おうと思っている地域の情報にも注意を向けるようにしましょう。

以上、リニュアル仲介本部パイロット店 エージェント石川でした。

***************************************************

■不動産の資産価値を即座に判断

セルフインスペクションアプリ「SelFin」

https://self-in.com/ (ご利用は無料です)

**************************************************

不動産購入時に知っておきたい不動産価格とは?!前のページ

生まれ変わった東京駅・・・の秘密次のページ

ピックアップ記事

  1. 住宅購入と 生涯の資金計画
  2. 立地適正化計画をご存知ですか?
  3. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 住宅購入は不安でいっぱい

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    消費税増税も気にしない!「次世代住宅ポイント制度」について

    いよいよ本年10月に消費税が増税となり10%となります。金額の大き…

  2. 不動産取引ガイド

    建物にとって命取りは雨漏りです!

    雨漏りを放置すると、建物の内部の腐食を進行させてしまうので、早急に対処…

  3. 不動産取引ガイド

    不動産購入前に確認しましょう!子育て支援が充実しているエリアなのか?!

    ■突然ではありますが、これから不動産購入をするエリアは子育て支援は充実…

  4. 不動産取引ガイド

    初心者必見!不動産購入を成功させるための5つのポイント

    不動産購入は人生の中でも大きな買い物です。初心者の方でも失敗しないため…

  5. 不動産取引ガイド

    新型コロナウイルスの影響により、非接触での住宅ローンも登場している?!

    ■新型コロナウイルスの影響により、住宅ローンの返済に苦慮されている方が…

  6. 不動産取引ガイド

    自宅の浸水対策

    今回の台風13号でも関東地方で大きな被害が相次ぎました。各地の浸水…

  1. 不動産取引ガイド

    海外赴任者 帰任に備えた日本の家探し 16 【ローン正式審査~決済編 5/6】
  2. 不動産取引ガイド

    火災保険で家財に入っているからといって、全て保険の対象となるとは限りません。明記…
  3. お金・ローン・税金

    火災保険の割引にこんなのがあるなんて…?!
  4. 不動産取引ガイド

    木造住宅の耐震診断 ~必要耐力と保有耐力~
  5. 不動産取引ガイド

    フラット35不正利用問題について思うこと
PAGE TOP