© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

相続登記(名義変更)は必要か?

不動産を購入した場合、建物のメンテナンスや改修も必要ですが、役所での名義(登記)の管理も忘れないようにしましょう。

個人の住所や、結婚による氏の変更などがあった場合には、法務局の登記名義は自動的には変更されません。

市区町村での届出とは別に、法務局への申請も必要になります。

ただこの法務局での手続きは、期限があるわけでもなく、誰かが手続きを促してくれるものでもありません。

ご自分で管理しないといけないのです。

また、相続が発生した場合も名義変更が必要になることも同様です。

こちらも期限や案内はありません。

そのため、何もせずに放置してしまうことが多いのです。

実際には、相続から長期間が経過してしまうと、集めなければならない書類が多くなってしまったり、場合によっては保存期間満了で処分されてしまっていたりと、手続きが必要になった際に困ってしまうケースが多々あります。

今後、マイナンバーと戸籍を連動させる、登記簿と連動させるといった改正案も出ているようです。

1つの手続きで、役所の手続きが一括できるようになる日も来るかもしれませんが、それまではご自身で気を付けて管理をするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る