© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

みんなが既存住宅を選んだ理由

既存住宅(中古住宅)を購入した人たちは、なぜ既存住宅を選択したのか?
その理由を国土交通省の住宅市場動向調査をもとにお話しします。


1.コストが抑えられる
コストを抑えられることは、既存住宅を選択するメリットの一つです。
実際に既存住宅を選んだ理由として最も多く挙げられています。
同じ金額をかけても土地の広さや駅からの距離等条件を新築物件より、よりよく出来る可能性があります。

2.自分好みにリフォーム出来る
リフォームなどで自分好みの住まいに出来ることも既存住宅を選ぶメリットの一つです。
部材の経年変化を活かしたリフォーム等、新築では出来ないこともあります。

既にリフォームされてから販売されている物件もあり、きれいな状態で新しい生活を始めることも出来ます。

3.実物を見て購入を決められる
注文住宅にはない、既存住宅のメリットの一つに、実物を購入前に確認できる点があります。

実際の部屋の広さや日当たりなど、暮らしの中で重要となる要素を事前に確認し、気に入ったらすぐに購入して、新生活を始められることも魅力の一つです。

4.品質が確認できる
何かと分からないイメージの強い既存住宅ですが、今は専門家が建物の状況の調査をし、建物やその設備の経年による劣化などについて事前にチェックすることで安心して購入することが出来ます。

いつ頃修繕が必要になるか見通しを立てることもできます。
また、「既存住宅売買瑕疵保険」に加入すれば、既存住宅の購入時に気が付かなく、後に不具合が見つかった場合でも、その際の補修費用等も保証されるので安心です。

屋根裏点検口から目視で雨漏り等ないか状況の確認

床下換気口の大きさや換気口のピッチが正常であるかの確認

建物の傾きなどがないかレーザーで測定

床下から、土台や床組みや基礎の調査等

5.好きな街で暮らせる
人気な街ほど、昔から形成されている街並みの為、ほとんど新築が出てきません。
良い立地で駅から近い物件は、ほとんど中古物件です。
住みたい地域に新築が出てこない場合、また新築では予算的に難しくても中古であればあれば予算的にも見つかるかもしれません、
選択肢が増えれば、希望を叶える可能性が広がります。

以上、今回は既存住宅(中古住宅)を購入した人たちの市場動向調査に基づいてお伝えしました。やはり、1の既存住宅の方が経済的にお得だという事がトップの理由になっています。

リニュアル仲介では、人生で一番高い買い物である「住宅」が皆さんの家計に与える影響を考慮すると、「資産価値が下がりづらい」住宅を手に入れておくという観点が、かなり重要だと考えています。

その「経済的合理性が高いのはどちらか」という観点からみると、結果的に既存住宅の方がお得なことが多いということになります。

昨今では既存住宅を安心して購入できる制度も充実してきたこともあり、なおさら 既存住宅もお住まい探しの一つの選択肢としておすすすめします。(決して「新築」がダメだと言っているわけではありません。)

もちろん、どこの視点から捉えるかによって意見も様々だと思いますが、皆さんのお住まい購入の一つの参考になればと思います。

以上、バイヤーズエージェント中田でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

自動運転やロボ活用を行う予定の『品川新駅』 JR東日本の戦略的都市計画について

JR東日本は9月25日、『JR東日本ニュース』の中で、品川開発プロジェクト(第1期)に係わる都市計画について発表をしました。 http…

住宅購入に遠慮は禁物?

ほとんどの方にとって、住宅購入は人生で最も大きな買い物といえます。 住宅購入検討者に不動産に関する専門知識がないことも当然のことです。わか…

自然災害は予測できるのか!?西日本豪雨とハザードマップ

先日、西日本を襲った記録的豪雨の影響ですが、やっと真備町の支所が業務を再開したり、断水が解消されたりと、徐々にですが復旧の兆しが見えてきてい…

無駄に保険料支払っていませんか?

保険の種類はたくさんあり、ご自身が何の保険に加入されているかわからなくなってしまう事ありませんか? 生命保険やがん保険、自動車保険や火…

耐震基準適合証明書と住宅ローン減税 【築20年以内の木造住宅の場合】

建物の状況別の対応シリーズです。 築20年以内の木造住宅は築後年数要件に抵触しないため、住宅ローン減税が目的であれば特に行うことはあり…

ページ上部へ戻る