© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

住宅設備の日々進化を続けているのはご存知でしょうか!

キッチンは以前あまり目につくところには配置されていませんでした。
現在はオープン型キッチンになりリビングと一体化の広々空間となり
最近のシステムキッチンのカウンターの素材もいままでは人口大理石やステンレス製でしたが
最新設備は石粉入り人工大理石で自然に近い石の風合いを持ちながら欠けたりヒビが入りにくくなっているそうです。

また、シンクも消音シンクが主流になっているそうです。
これはステンレス製のシンクの裏側に断熱材や吸音材を貼り付け、水洗いの時などに発生する音を小さくするものです。

ステンレス板自体も分厚くなっている為、最新キッチンでは水音が大幅に軽減されているそうです。
キッチン設備には食器洗い乾燥機が標準設置、しかもビルドイン型です。
されるケースも増えているそうです。

トイレは自分で洗浄や汚れがつきにくい、掃除がしやすくする為に便器のふちがフラットになったりとずいぶん改良されています。

新しい住宅設備をみると交換したくなります。

細かい性能は各会社によって違ってきますの色々なものを観て自分にあった
物を選ぶのがよいのではないでしょう。
弊社の近所にはたくさんのショールームがたくさんありますので是非
足を運んでみてはいかがでしょう。

詳しくはこちら

https://www.sumai-showroom.com/

リニュアル仲介、渡辺でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

所有者不明土地の解決へ向けて一歩前進。土地を所有することの責任とは?

本年6月14日、所有者不明土地等対策の推進に関する新たな基本方針及び工程表が閣議決定されました。 <国土交通省>https://www…

ペットと暮らす不動産購入!おすすめリフォーム方法について

不動産購入時にペットを飼われている方は必ず、ペットを考慮した家探しをされると思います。 そこで、不動産購入時のおすすめリフォームについて解…

リフォームを「工事」と捉えるか「製品」と捉えるか

中古住宅を検討する際に欠かせないのがリフォームです。中古住宅の「汚い」イメージを払しょくできないと、「新築が買えないから中古」を脱却できませ…

2019 年5月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年5月度の不動産流通市場動向が発表されました。 以下、首都圏エリア…

自宅は夢のマイホームではなく、「運用資産」と考えるべき

最近お客様に案内する際には、「自宅といえども、売却することを考慮した方が良いですよ」と言うと、「ずっとそこに住むつもりだから、資産性など考え…

ページ上部へ戻る