不動産取引ガイド

知っておきたいインテリアの基本

おはようございます。法人営業部の犬木です。本日は「知っておきたいインテリアの基本」と題してお話をしたいと思います。「インテリア」という言葉は、元来建物の内部全般を意味しますが、室内装飾、家具・調度品も含んで使われます。住まいの中でこれらをバランスよく整えることをインテリアコーディネイションといい、選択や配置の美しさだけでなく、機能性、使い勝手、さらに住む人のライフスタイルに合わせた住まいづくりの提案を目的とします。

 

自分らしい生活を過ごすため、あなたならどのようにコーディネイトしたいですか?

 

インテリアのイメージは、さまざまな要素が統合されてえられるものですので、部屋の広さ、内装材の色・質感、照明、置きたい家具のサイズなど、多くの情報をきちんと整理しておかなければなりません。各部屋、そして家の中全体での過ごし方を考えながら、優先すべきポイントを絞り込んでいきましょう。大切なのは、部屋の用途や動線、使い方、さらに空間のイメージを自分でできるだけ具体的に持つことです。

 

インテリアをまとめていく上においてのポイントは5つあるそうです。

 

①自分の暮らしぶりを再確認する

②カラーコーディネイトなど視覚効果を把握する

③大きい面積をベースに小さい面積をアクセントにする

④家具の配置は暮らす人の生活スタイルを考える

⑤照明プランでドラマチックな空間をつくる

 

また最近はインテリアにか欠かせない家具や家電をレンタルで済ませる方も増えているようです。

 

http://www.stylics.com/(スタイリクスHP)

http://www.kasite.com/(かして!どっとこむHP)

http://www.designarc.co.jp/(デザインアークHP)

http://www.008008.jp/life/rental/(クロネコおまかせレンタルHP)

 

いずれにせよ、くつろげる住まいづくりにはインテリアの知識も必要です。

この機会に学んでみてはいかがでしょうか?

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    人口が減った自治体ランキング

    東洋経済に面白い記事が掲載されていました。この3年「特に人口が…

  2. 不動産取引ガイド

    国の政策にアンテナ張っていますか?

    我が国の住宅政策は、平成18年に施行された「住宅生活基本法」に基づいて…

  3. 不動産取引ガイド

    古家付き土地物件の解体費用の目安は?!

    住宅購入時に「古家付き土地」という物件があります。基本的には土地として…

  4. 不動産取引ガイド

    2021年住みやすい街ランキング

    今回は、いろいろなランキングがある中で住みやすい街ランキングを調べまし…

  5. 不動産取引ガイド

    不動産購入決定!賃貸住宅の退去時のトラブルを避ける?!

    少し早いような情報ではありますが、不動産購入が決定をして、賃貸住宅を退…

  6. 不動産取引ガイド

    『山手線はこんなに勾配がある!?』

    普段、何気なく乗っている山手線・・。最近は、電車に乗っていてもスマ…

  1. お金・ローン・税金

    夫婦共有で不動産購入する場合の「持分」はどうやって決めるのか?
  2. 不動産取引ガイド

    所有者不明土地の先進的な取り組み
  3. 欠陥・トラブル

    相続手続きはいつまでに?
  4. お金・ローン・税金

    住宅優遇制度一覧
  5. 不動産取引ガイド

    素人DIYでやるべきではないことTOP3
PAGE TOP