© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

建物インスペクションを2件実施、安心して住宅購入が出来ました!

こんばんは。リニュアル仲介の犬木です。本日は建物インスペクションを2物件実施したお客様の事例をご紹介します。

1件目:パッと見た感じは雰囲気の良い優良(?)物件でしたが… 新耐震(昭和63年築)で売主様がきれいにされていたので内装もそのまま利用できるくらい綺麗。なにより随所にこだわりの見られる物件で、内見時の買主様の印象も良く、インスペクションで問題がなければすぐにでも買付けを…という状態でした。 しかし、耐震診断の結果は「0.39(※)」。壁の配置バランスの悪さが大きな問題でした。雨もれ・蟻害などの劣化事象も発見され、リフォーム費用も結構掛かるため、残念ながらこの物件は見送ることになりました。たとえ物件を見送る結果になったとしてもお客様との関係は深まりました。

※耐震診断では評点1.0が合格点(現行の建築基準法の耐震性能と同等)と定められています。

2件目:再び出会った物件も耐震性に問題が… 2件目は分譲地のモデルルームとしても使われていた住宅で、分譲時1億1,000万円を超えていたのですが、3,480万円まで価格が落ちており、また、建物も綺麗でまだまだ十分に活かせそうなところを気に入られました。ところが耐震診断の結果は「0.65」。1件目と同じく壁の配置バランスが悪いことが原因でしたが、こちらの物件は部分的な改修工事で解決できることがわかり、設備等のリフォームを含めても360万円で収まることになり、結果的にこの物件で成約いただきました。

中古取引は「いかに安心を具体化するか」がポイントです。ぜひ、リニュアル仲介の建物インスペクションをご活用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅は一生の買い物でなく、家族構成に応じて買い替えるべし

誰しも30年、40年先の日本がどうなっているか、そんなことは誰にもわからない。 だから、そんな先のことを悩んでも仕方がない。 自宅購入に…

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!

最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。 その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォー…

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてはいけません~住宅ローン減税編~

耐震基準適合証明書に関する情報提供を行っている関係で、他社での取引なのですが住宅ローン減税に困った消費者が、ホームページからお問い合わせされ…

介護を考えたリフォーム

私にはは80歳を超えた両親がいます。 現在は同居はしておらず、両親は二人暮らしです。 まだ二人とも持病はあるものの自分のことは自分で…

人口が減った自治体ランキング

東洋経済に面白い記事が掲載されていました。 この3年「特に人口が減った」自治体ランキング ~山間部の自治体では人口減少が顕著に~ …

ページ上部へ戻る