不動産取引ガイド

借地権が持つ財産価値とは

先日お客様とのご相談の際に、借地は価値がないと思っていた、という発言がありました。

借地は、「売りにくい」、「借りているだけで権利はない」といったイメージをお持ちの方もいるようです。

借地は価値のある権利

たとえば、土地を借りている借地人が亡くなり、相続が発生した場合には、ご自身の建物と共に「借地権」という権利も相続の対象となります。

相続人は物理的な建物という資産を相続するだけでなく、その土地を引き続き借りて使うことができる権利も相続することになるのです。

そして、相続に伴う借地権の承継には、地主の承諾は必要ありません。

相続が発生したことを通知すれば、当然に権利が承継されることになります。

借地権の価値の計算

借地権も財産的価値のある権利ですが、その計算方法はどのようになるのでしょうか。

ひとつの基準となる数字が、「路線価」です。

毎年国税庁が公表している「路線価図」というものがあります。

https://www.rosenka.nta.go.jp/index.htm

このページを参考にして、借地権の価値の目安を知ることができます。

土地所有権の7割程度の価値という設定が多いでしょうか。

借地権付き建物の市場価値

前述のように資産価値が算定される借地権ですが、その売却については一般的な所有権とほぼ同様に考えることが可能です。

借地権について、残存期間や地主の承諾、住宅ローンの利用可否といったいくつかのハードルはありますが、結果的にはその立地が全てとなります。

需要があり、アクセスが良く、建物が建てられる借地であれば、当然買い手はつきますし、売却価格も伸びやすい傾向があります。

一方で、建物が建てられない、駅から遠い、需要が少ない借地については、売却が難しい結果となります。

お持ちの不動産や、検討中の物件については、借地だからという条件だけで諦めるのではなく、信頼できる不動産エージェントに一度相談してみることをおすすめいたします。

売る時に価格が下がりやすい物件とは?(自主管理のマンション編)前のページ

住宅ローンの金利上昇の兆しあり!注意すべきポイント?!次のページ

ピックアップ記事

  1. 立地適正化計画をご存知ですか?
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 住宅購入と 生涯の資金計画
  4. 住宅購入は不安でいっぱい
  5. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?

関連記事

  1. お金・ローン・税金

    『すまい給付金』制度について

    皆さんが住宅購入する上で知っておいて損のない「住宅優遇制度」の一覧を(…

  2. 不動産取引ガイド

    太陽光パネル義務化

    東京都では新築住宅への「太陽光パネル設置義務化」の条例が12月15日に…

  3. 不動産取引ガイド

    長期優良住宅とは・・・

    長期優良住宅とは、「長く安心・快適に暮らせる家」一戸建ての場合…

  4. 不動産取引ガイド

    カーポートは、建蔽率も緩和になるのか?

    お客様から聞かれる質問に、「カーポートは建築面積に含まれないのですか?…

  5. 不動産取引ガイド

    2021年3月度の不動産相場

    公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2021…

  6. 不動産取引ガイド

    登記の住所変更をお忘れなく

    所有者不明土地解消の一環として、登記の住所変更登記が義務化されます。…

  1. 不動産取引ガイド

    住みやすい家の特徴について
  2. 不動産取引ガイド

    中古戸建てを購入する際のリフォームの優先順位
  3. 不動産取引ガイド

    「高齢者の地方移住を促進する新型交付金とは?!」
  4. 不動産取引ガイド

    赤字ローカル線に廃線圧力 その地域の不動産の資産価値は・・・
  5. 不動産取引ガイド

    道なのに道路ではない⁉
PAGE TOP