不動産取引ガイド

日本経済の成長率が与える不動産市況について!

日本銀行が15日の金融政策決定会合で、2015年度の実質経済成長率の見通しを1.7%と、前回4月時点の2.0%から引き下げました。海外経済の減速で輸出や生産が下振れたためだそうですが、黒田東彦総裁は会合後の記者会見で「成長率への影響は一時的」と強調したそうです。しかし緩やかな景気回復が続き、消費者物価上昇率も今秋以降に急速に高まるとの認識を改めて示したようです。

http://www.nikkei.com/article/DGXLASGF15H0X_V10C15A7MM0000/

この流れは不動産業界にどのような影響を与えるでしょうか?

ちなみにこの記事を読み、これからインフレ傾向になることが伺えます。

ちなみにインフレとは何かを考えみると、「お金の価値が下がり、物の価値が上がるということ」です。つまり、今まで100円で買えていたジュースがインフレでお金の価値が下がり(またはジュースの価値が上がり)、120円出さなければ同じジュースを買えなくなるのがインフレです。

ちなみに不動産とジュースとの関係性はありませんが、「物」としてみた場合は、これから不動産価格が上昇していく事が予想されます。その為、今が不動産の買い時と捉えるのも良いかもしれません。下記に2015年、16年、17年の日本経済の経済予測と物価見通しに関する表です。もちろん、このようになるとお約束はできませんが、ぜひ、今後の不動産購入をするタイミングの参考になると思います。

法人営業部 犬木

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 土地価格の相場を知る方法
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 住宅購入と 生涯の資金計画

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    不動産屋が言うことを鵜呑みにしてはいけない?!

    不動産業界の営業マンはどうも「売りつける」イメージが強い印象です。…

  2. 不動産取引ガイド

    床の間も使用目的やスペースなどで変化します。

    床は鎌倉時代に禅僧が仏画の前に花瓶、香炉、…

  3. 不動産取引ガイド

    『デュアラー』が増えている?!2拠点生活を楽しむ人が増えている!

    日本の人口が減少に転じ、東京においてもオリンピック終了5年後の2025…

  4. 不動産取引ガイド

    3年に1度の「評価替え」とは?

    固定資産税の「評価額替え」とは、固定資産税の評価額を適正な時価に見直す…

  5. 不動産取引ガイド

    家を買うなら知っておきたい「品確法」のポイント!

    品確法(住宅の品質確保の促進等に関する法律)が施行されたのは2000年…

  6. 不動産取引ガイド

    不動産会社の事、知ってますか?

    不動産を購入するにあたって、不動産会社に依頼する方がほとんどかと思いま…

  1. マンション

    入居者・購入者に負担転嫁?!管理組合向けのマンション保険料の引き上げが続いていま…
  2. 不動産取引ガイド

    WEBアプリを活用して不動産価格などを透明化する?!
  3. 不動産取引ガイド

    再建築不可である土地の解決策
  4. 不動産取引ガイド

    ポケモンGO 道に迷った人を助ける!?
  5. 不動産取引ガイド

    どんな不動産会社を選べばよいのか?
PAGE TOP