© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

マンションの火災保険は管理状態で決まる?良好な管理のマンションを選ぶ理由。

マンションの共有部分の火災保険は管理状態によっては保険料が高くなってしまうのをご存じですか?
通常、築年数の経過によって保険料が上昇していきますが、マンションの管理や修繕状態によって保険料が決まる商品が出ました。

設備劣化によって事故が起こる確率は高くなると一般的に言われてますが、実際には老朽化した排水設備からの水漏れによる事故が多いようです。
という事は、老朽化ではなくメンテナンス不足によって事故が起こっていると言えます。

火災保険料が高くなると、それを補う為に管理費を高くしなければなりません。
急に管理費が高くなってしまうリスクを抑えるには、管理保状態の良いマンションを選ぶ事をお勧めします。
リニュアル仲介、前田でした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

家を守る屋根!

最近の携帯アプリでは雨雲レーダーなどがありどこで雨が降っている分かるようになっています。 私が使っているアプリでは雨は猛雨、豪雨、強雨、雨…

長期優良住宅とは・・・

長期優良住宅とは、「長く安心・快適に暮らせる家」 一戸建ての場合 1.バリアフリー性 将来のバリアフリーリフォームに対応できるようにな…

令和元年版消費者白書をご存知ですか?!出来れば避けたい不動産トラブル事情・・・

本日は少し不動産購入とは違うテーマかもしれませんが、情報をお届け出来ればと思います。 不動産購入に際して、何かとお金の事や将来の事を考える…

断熱性に優れている家

毎日暑い日がつづいていおりますが古い住宅には断熱材が入っていないため夏は暑く冬はとてもさむく暖房をつけても温まり方は非常に悪いです。 (我…

不動産詐欺のプロフェッショナル ~地面師と呼ばれる者~

不動産屋と聞いて、あまり良くないイメージを持つ方も少なくないのではないでしょうか。 土地を転がしてぼろ儲けしているとか、欠陥住宅を騙し…

ページ上部へ戻る