© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

資産価値が目減りしない住宅購入とは?

~平均923万円の資産を毀損している!?~

住宅の資産価値といっても具体的な数字が見えないとあまりピンと来ないのも事実です。この度アットホームが不動産を購入またば売却された方を対象に調査したデータを発表しました。今回は、このデータの中から特に売却者に焦点を当てて、住宅の資産価値が目減りしてしまう実態をご説明します。

8月通信3

自宅売却、購入価格との差は平均923万円

アットホームが首都圏で自宅を売却した295人に対して実施した調査によると、購入時の価格が平均3459万円だったのに対し、売却時の価格が平均2536万円で、平均で923万円もの資産を毀損している実態が明らかになりました。また、居住年数の平均は13年だったそうです。
ここで仮に住宅ローンの金利を2.0%(固定金利・35年返済・元利均等)だったすると、平均居住年数13年間で支払った利息は774万円。13年間で約1700万円の資産を失ったことになります。マンションの場合は、この金額に毎月の管理費・修繕積立金が加わります。

8月通信4

子育てが終わると役目を終えるマイホーム

調査によると、将来の自宅売却を予定して購入された方はわずか22%でした。売却の理由は「もっと良い住宅へ住み替えしたかったから」(35.3%)が1位となり、「もっと良い場所へ住み替えしたかった」(29.2%)と「家族が減って広い家が必要なくなったから」(11.5%)が続きます。
平均居住年数13年は子どもが成長して独立する期間と合致します。つまり、子育てのための家は子どもの独立とともに役目を終え、もっと利便性のよい不動産へ住み替えをされているのです。資産が目減りしてしまうのですが、今はまだ売却が成立するので良いのですが、これから15年後に今と同じ感覚で売却が成立するとは言えません。

8月通信2
住宅購入は「立地」が一番!
売却を想定して家探しをすることが大切です。

日本はこれから極端な少子高齢化と人口減少、それにともなう空き家問題に直面します。今は値段を下げれば誰かが買ってくれるかもしれませんが、値段を下げても買い手がつかない時代がやってくるのです。こうなると資産を失うどころか、管理費や税金でマイナスの「負動産」になってしまいます。
リニュアル仲介では資産防衛の手段として、家の買い方が大切だと提案しています。不動産の資産価値はほぼ「立地」です。いつでも買い手が見つかる立地、将来にわたって人が集まる街を選ぶことが大切で、これまでの住宅購入の常識は通用しないのです。
大切なのは、自分にとって100点の家探しではなく、他人にとっても70点、自分にとっても70点の家探しが大切です。決して子どもの学区域や勤務地など個人的な理由だけで立地を選択するのではなく、駅に近い・交通が便利など人が集まりやすい立地選びを心がけたいものです。
リニュアル仲介では資産価値が下がりにくい住宅購入を実現するために、徹底した情報開示を行います。物件情報だけでなく、その街の情報や人口の動向なども提案いたします。お気軽にご相談ください。

8月通信1


 

PDFファイルダウンロード

 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

どうなる今後のマンション価格!?物件価格と金利の影響についても

・マンション価格の中期予測 (一財)日本不動産研究所が、東京23区のマンション価格と賃料の中期予測を発表しました。 <日本不動産…

空き家問題…

空き家問題は最近ではニュースで目にする事も増えているかと思います。 そして、皆さんのご自宅の近くにも空き家はあるかと思いますが、皆さん…

マンションの「専有部分」の範囲はどこまでか?

マンションは「区分所有建物」といって、各室ごとに所有権の対象となっています。 今回は、その区分所有権の範囲がどこまでかということについてお…

インテリアの配色は色彩計画から考える!

インテリアの配色は色彩計画から考える事をお勧め致します。 内装の配色の法則を知っておくと「広々とした開放感」、「心地よく感じる部屋」、「適…

2019年12月 フラット35金利のご案内

2019年12月のフラット35金利は、20年以下が0.96%、21年以上が1.01%と先月から0.04%増となりました。 大手銀行の動向に…

ページ上部へ戻る