© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

フラット35の10割融資、ご存知ですか?

フラット35の借り入れ金額の基本は物件購入価格(土地取得費+建築費)の90%が上限です。
ということは、残りの10%を手持金で補わなくてはならないわけです。

3,000万円の物件の10%… 300万円です。
住宅取得の際には、更に諸費用が掛かります。

登記費用
火災保険
生命保険(団体信用生命保険)
印紙代
融資手数料
仲介手数料

中古物件であればリフォーム費用もかかってきます。

せっかく金利が安いタイミングで気に入った物件が見つかったのに、
イニシャルコストで資金ショートしてしまってを購入できないのはもったいないですよね。

フラット35には、物件購入価格の100%を借入できる商品もあります!
通常の融資(90%)の実行金利に0.44%がプラスされます。

現在この金利のプラス幅が引き下げられています。

+0.44% → +0.13%!!

今月(8月)であれば、通常のフラット35の実行金利は1.58%ですが、
100%融資の借り入れの場合の実行金利は1.71%です!

イニシャルコストの部分で住宅購入を足踏みしている方、
他にも諸費用部分のローン等、お客様の状況に応じてアドバイスさせていただきます。
ぜひ一度ご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

住宅は一生の買い物でなく、家族構成に応じて買い替えるべし

誰しも30年、40年先の日本がどうなっているか、そんなことは誰にもわからない。 だから、そんな先のことを悩んでも仕方がない。 自宅購入に…

中古を買ってフルリフォーム?!リフォーム前に把握しておきたい大切なこと!

最近、新築資材の高騰の影響か、中古の家を買ってリフォームしたいという方が増えているようです。 その中でもフルリフォーム(スケルトンリフォー…

不動産屋の言うことを鵜呑みにしてはいけません~住宅ローン減税編~

耐震基準適合証明書に関する情報提供を行っている関係で、他社での取引なのですが住宅ローン減税に困った消費者が、ホームページからお問い合わせされ…

介護を考えたリフォーム

私にはは80歳を超えた両親がいます。 現在は同居はしておらず、両親は二人暮らしです。 まだ二人とも持病はあるものの自分のことは自分で…

人口が減った自治体ランキング

東洋経済に面白い記事が掲載されていました。 この3年「特に人口が減った」自治体ランキング ~山間部の自治体では人口減少が顕著に~ …

ページ上部へ戻る