© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

中古マンション、駅徒歩何分までなら購入したいですか?

首都圏ですとマンション購入を検討されている方も多いかと思います。
購入の際の駅徒歩はどのくらいなら許容されているのか検索してみました。
山手線内なら徒歩10分以内。山手線外なら徒歩7分以内。23区内なら徒歩5分以内。
思ったより皆さん駅近を検討しているようです。一般的には駅徒歩10分くらいかなと思っていたので少し驚きました。

最近では健康ブームなので少しくらい遠くても大丈夫と考える方もいらっしゃいますが、実際住み始めてみると雨の日、雪の日、暑い日、寒い日、いろいろ考えるとやはり近ければ近い方が良いというのが結論のようです。
私自身も駅徒歩10分以内にしたいと決めてはいましたが、実際探し始めると11~13分以内にも良い物件があるのではと思いどんどんとエリアを広げてしまってます…

では資産価値の面でみてみたらどうでしょうか?
大人の事情でグラフは出せませんが、徒歩7分と徒歩9分ではあまり資産価値の変化はあまりないようでした。ですが9分と10分では資産価値に大きく違いがでてくるようです。
おそらく人間は5分間隔で距離感をイメージしているのだと思います。たった1分の違いですがマンションを購入する際にはこういったところにも目を向けて購入した方が良いのかもしれませんね。
また、エリアによっても条件は異なると思いますので、そのエリアにどの程度の需要があるかなどもみつつ検討してみてはいかがでしょうか?

ご不明な点がございましたら、お気軽にご連絡ください。
リニュアル仲介、前田でした!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

木造戸建ての耐用年数は寿命という事なのか?

結論から先に言うと、『耐用年数=寿命』ではありません!! 戸建てはよく築20年で価値がなくなるという事を聞いた事があるかと思います。 こ…

不動産登記事項証明書がバージョンアップ!QRコードが追加されました!

令和2年1月14日から、法務局で取得できる不動産登記事項証明書(通称、登記簿謄本)の様式が変更され、QRコードが追加されるようになりました。…

昨年の改正相続法をご存知ですか?!課税という落とし穴にご注意下さい!

民法の相続規定(相続法)が2019年7月に大きく変わり、相続の際の税金の取り扱い方法にいくつか変更がありました。改正相続法は相続トラブルの回…

2019 年12月度の不動産相場

公益財団法人東日本不動産流通機構(通称:東日本レインズ)から、2019 年12月度の不動産流通市場動向が発表されました。以下、首都圏エリアの…

住宅ローン控除を受けるための確定申告の方法

家を買って住宅ローン控除を受ける場合、また一定要件に合うリフォームをして所得税の控除を受ける場合(リフォーム減税)は、購入・入居した年の翌年…

ページ上部へ戻る