不動産取引ガイド

物件探しより先にやることは?

家探しをそろそろしようかと思った時、ほとんどの方がこんな道をたどります。
自分が住んでいる町の周辺 知っているところのエリアの不動産物件情報を
インターネットで検索を始め、 なんとなく‛広さ’と‛価格’を把握します。
この価格だと月々のローンの返済は・・、なんとなくシミュレーションをしてみて
今の家賃より安い、あるいは高いと比較し、 これならなんとなく買えそうかな・・、
ちょっと高いかな・・・と考えます。

これは、賃貸で家探しをする時のような動きです。

ですが、家を購入するとなるとそれだけでは上手くきません。
売買の場合は、いくら不動産情報を見ても

・どういう視点で何に気をつけて家を選んだいいのか分からない
・何から具体的に始めれば良いのかがわからない
・建物(戸建)の状態が良くわからない
・そもそも自分はいくらぐらいまで購入できるのか・・・等

家を初めて購入する方が自分で判断出来ないからです。
なんせ不動産は大きな買い物ですから、失敗するとその後の自分の人生にも影響が出てきます。
人生最大の買物である「家を購入する」というのは何を意味し、自分に今後どのように影響してくるのか・・
まずは正しい情報や正しい考え方を最初に知ることが何より大切です!

物件探しはその後からです。

では、どうすれば良いのでしょうか?

一番効率的でリスクがない方法は、プロに話を聞くことです。
まずは、プロに相談し、「資金計画」と「不動産購入の仕方」についてきちんと学ぶことです。
もしあなたが、家探しをしているけど

・何に気をつけて家を選んだいいのか分からない
・何から具体的に始めれば良いのかがわからない
・資産価値の点で失敗したくない
・木造住宅は大丈夫?構造がなんとなく不安・・、「安心」して納得して住宅購入をしたい。
・物件の良し悪しの判断基準を具体的に知りたいのならこちらのセミナーがオススメです。

⇒ http://www.rchukai.jp/semi/

弊社代表の西生が資産価値の落ちにくい住宅購入の目線をまじえながら安心して購入するための知っておいたほうがよい情報や考え方をお話し致します。

不動産会社では絶対教えてくれない話なども交えて、分かりやすくお伝えします。

  • 【参加された方の声】

http://www.rchukai.jp/semi/voice/

今から住宅購入をしようかなという方にお勧めです。
気軽にご参加ください。

———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 危険な場所は 地形図で見分ける
  2. 住宅購入と 生涯の資金計画
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 土地価格の相場を知る方法
  5. 買ってはいけない物件を自分でチェック

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    老後に移住希望19%、「高齢者を地方へ」は難しく?!

    内閣府が10月17日にまとめた「国土形成計画の推進に関する世論調査」で…

  2. 不動産取引ガイド

    将来の家の価値に影響を与える「重要情報」を「一挙に収集」する方法

    家の価格は何で決まるか?端的に言えば、需要と供給です。立地や家のサ…

  3. 不動産取引ガイド

    地震による火災に備えた家づくり

    大地震があった際に、まず一番に想定される危険は建物の倒壊です。…

  4. 不動産取引ガイド

    お住まい購入に必要な「老後に備えた住替え」という視点

    先日、世帯主の年齢が50歳以上の「シニアカップル世帯」で新築マンション…

  5. 不動産取引ガイド

    数十年度に一度の災害は本当か?データで調べるハザードリスク

    先日の台風19号では各地に多大な被害が発生したことが報道されています。…

  1. 不動産取引ガイド

    賃貸VS購入論争 老後を考えると購入一択です
  2. 不動産取引ガイド

    ブロック塀の倒壊から考える違法建築物を所有するリスク
  3. 不動産取引ガイド

    お願いですから耐震を軽視しないでください!
  4. 不動産取引ガイド

    通勤・通学で毎日乗るので、電車選びも重要です。
  5. 不動産取引ガイド

    不動産の買い替えを検討する前に、売却のコツを把握しましょう!
PAGE TOP