© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

「彩り」の住まい こだわりが随所に光るまるでカフェのようなくつろぎの空間

海外生活の経験から、当初から資産価値を重視して中古マンションをターゲットに。
思いどおりのリフォームで快適な住環境を実現!

欧米では資産価値の目減りを考慮して住宅購入は新築よりも中古住宅を選択することが一般的です。海外生活が長かったMさんは当初より中古住宅にターゲットを絞っており、中古住宅を買って思いどおりのリフォームがしたい!とお考えでした。

特にMさんがこだわったのはキッチンとリビングです。もともと個室型のキッチンだったところを、リビングとの間仕切り壁を撤去し、開放感のあるカウンターキッチンに。また、通りに面した窓に大きなカウンターを設け、まるでカフェのような雰囲気のリビングに仕上がりました。

20141004仲介_r15_c19

キッチンからリビングが 一望できるようになりました。 黒い壁が広い空間を引き締める アクセントになっています。 ちなみにこの壁は黒板のように 書くことができる素材です。

小さなお子様がいらっしゃるので、使用する素材も吟味し、床は無垢材のフローリングを、壁には湿気を吸着する素材を使用しました。バス通りに面した開口部には内窓を設置。購入時に気になっていた騒音対策もバッチリです。

20141004仲介_r18_c14

照明をうまく配置し落ち着いた雰因気を演出。 壁には湿気を吸着するエコカラットを使用。床は無垢材を使用しました。

特徴は色の使い方です。子供部屋にはピンク、ダイニングにはオレンジ、トイレにはブルーといった特徴のある配色の壁を各部屋の1面にだけ設け、印象的な雰囲気を演出しています。こだわりのキッチン・リビングにも黒い壁を設け、広い空間を引き締めるアクセントになっています。

20141004仲介_r17_c5

子供部屋は大胆にピンクの壁を

 

20141004仲介_r21_c6

ダイニングはオレンジに

 

20141004仲介_r21_c10

トイレは印象的なブルーの壁に

スイッチボックスやキッチンの吊り戸棚はご主人が選んだアイテムをDIYで設置、各居室の照明器具もこだわって選択されたようです。利便性の良いマンションの立地も含め、快適な生活が実現しご満足いただくことができました。

20141004仲介_r21_c7

閉鎖的だったキッチンは 壁を開口してリビングを 見渡せるようにしました。 3連のIHコンロが 奥様のこだわりです。

 

20141004仲介_r20_c19

スイッチボックスなど ご主人がDIYで ちょっとしたアクセントを

 

20141004仲介_r15_c4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

椅子にすわってなにをする!

人は何かをする為にに座ります。 建築家で家具のデザイナーでもあるコルビジェは「講義をするときには高い腰掛けに活動的に。談笑するときには肘掛…

フラット適合証明書の残念な事例

適合証明技術者のための住宅レーダーというお知らせがあります。フラット適合証明技術者向けの文書で、制度改正など適合証明技術者に必要な情報配信を…

不動産の放棄制度を整備!?

先日の「相続登記義務化を検討」に引き続き、政府は「不動産の放棄制度」の法整備を検討しているようです。 現在の法律では、「イチかゼロか」…

二回目のマイホームを購入を考える時期

今回はこのような記事を見つけましたのでご紹介します。 一回目のマイホームを購入後月日が経ち数十年も経つと飽きもくるし、どことなく古びて…

不動産関連ニュースは鵜呑みにしてはいけません!

年明けから春先まで不動産の繁忙期と言われます。こういう時期は不動産会社のテレビコマーシャルが増え、ネットには不動産に関するニュースが多く流れ…

ページ上部へ戻る