© 戸建てリノベINFO All rights reserved.

「彩り」の住まい こだわりが随所に光るまるでカフェのようなくつろぎの空間

海外生活の経験から、当初から資産価値を重視して中古マンションをターゲットに。
思いどおりのリフォームで快適な住環境を実現!

欧米では資産価値の目減りを考慮して住宅購入は新築よりも中古住宅を選択することが一般的です。海外生活が長かったMさんは当初より中古住宅にターゲットを絞っており、中古住宅を買って思いどおりのリフォームがしたい!とお考えでした。

特にMさんがこだわったのはキッチンとリビングです。もともと個室型のキッチンだったところを、リビングとの間仕切り壁を撤去し、開放感のあるカウンターキッチンに。また、通りに面した窓に大きなカウンターを設け、まるでカフェのような雰囲気のリビングに仕上がりました。

20141004仲介_r15_c19

キッチンからリビングが 一望できるようになりました。 黒い壁が広い空間を引き締める アクセントになっています。 ちなみにこの壁は黒板のように 書くことができる素材です。

小さなお子様がいらっしゃるので、使用する素材も吟味し、床は無垢材のフローリングを、壁には湿気を吸着する素材を使用しました。バス通りに面した開口部には内窓を設置。購入時に気になっていた騒音対策もバッチリです。

20141004仲介_r18_c14

照明をうまく配置し落ち着いた雰因気を演出。 壁には湿気を吸着するエコカラットを使用。床は無垢材を使用しました。

特徴は色の使い方です。子供部屋にはピンク、ダイニングにはオレンジ、トイレにはブルーといった特徴のある配色の壁を各部屋の1面にだけ設け、印象的な雰囲気を演出しています。こだわりのキッチン・リビングにも黒い壁を設け、広い空間を引き締めるアクセントになっています。

20141004仲介_r17_c5

子供部屋は大胆にピンクの壁を

 

20141004仲介_r21_c6

ダイニングはオレンジに

 

20141004仲介_r21_c10

トイレは印象的なブルーの壁に

スイッチボックスやキッチンの吊り戸棚はご主人が選んだアイテムをDIYで設置、各居室の照明器具もこだわって選択されたようです。利便性の良いマンションの立地も含め、快適な生活が実現しご満足いただくことができました。

20141004仲介_r21_c7

閉鎖的だったキッチンは 壁を開口してリビングを 見渡せるようにしました。 3連のIHコンロが 奥様のこだわりです。

 

20141004仲介_r20_c19

スイッチボックスなど ご主人がDIYで ちょっとしたアクセントを

 

20141004仲介_r15_c4

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

子供部屋の概念を変えてみる!?

マイホームを購入の際、子供部屋はどうするか悩むところです。 子供にそれぞれの部屋をつくるのかそれとも独立した部屋を与えずまとめてしまう…

スルガ銀行のシェアハウス問題から学ぶ住宅ローンの考え方

スルガ銀行のシェアハウス問題を巡る投資トラブルが長期化しつつあります。 金融庁は建設資金の多くを融資していたスルガ銀行に対して、一部業…

減税措置の期限切れ間近!土地取引コストが770億円上昇も!?

平成31年度の税制改正に向けて、租税特別措置法の延長ついての要望が提出されています。 土地を取得する際にかかる「登録免許税」については…

怪しい緑と水の関係

いわずもがな、日本と自然災害は切っても切れない関係にあります。 河川の増水による、浸水被害などが起こることも珍しくありません。 …

中古戸建てのインスペクションは改修工事を前提に

改正宅建業法の施行から半年。 中古取引におけるインスペクションも徐々に当たり前のプロセスになりつつあります。 改正宅建業法におけるインス…

ページ上部へ戻る