お金・ローン・税金

その「手付金」ホントに払って大丈夫!?

不動産の取引では、交渉が成立して売買契約を結ぶ際に「手付金」を支払います。

(「不動産購入の豆知識手付金のアレコレ」https://smile.re-agent.info/blog/?p=2417

仮に、売主の都合で契約が解約になった場合、売主に対して手付金の返還を求めることができます。
しかし、売主がその手付金を使ってしまっていたらどうでしょうか。
「返せ」と請求することはできても、お金がなければ返せません。
まさに「無い袖は振れない」状況になってしまいます。

そこで、売主について資産状況が思わしくない、又は資力に乏しいといった場合には、契約に「手付金預かり」という特約を設けます。

良くあるケースですと、売買価格よりも売主の住宅ローンの残債が多いような場合です。

例えば、売買価格は3,000万円での取引ですが、売主の住宅ローンの残債がまだ4,000万円残っているような状況です。

家を売っても1,000万円の借金が残ってしまうようなケースですので、売主の資産状況が良好とは言えませんね。

このような場合には、買主様は売買契約時に一旦、手付金を売主に支払いますが、すぐにその手付金を「仲介会社が預かる」という特約を付けるようにします。
仲介会社が手付金を預かることで、手付金の使い込みを防ぐという方法ですね。
預かった手付金は、最終引渡し時に、残代金と併せて一括して売主へお渡しすることで清算するという流れになります。

そして、今回は弊社で扱ったケースでは、過去、売主について差押を受けた履歴のある取引でした。
固定資産税や住民税などの滞納があったのではないでしょうか。
また、不動産の名義についても、親族間で転々と名義変更をしていた不自然な履歴も見つかりました。
住宅ローンの返済については問題ないようでしたが、売主の信用状況として、やや疑問符が付く取引です。

そこで、弊社から「手付金預かり」の特約を付けて欲しい旨を提案いたしました。
無事に売主にも手付金の預かりをご了解いただくことができましたので、買主様にも安心してご契約いただくことができました。

リニュアル仲介では、買主様に徹底的に寄り添うバイヤーズエージェントとして、買主様の利益を追求しております。
それぞれの物件、取引に応じて、買主様へ最適なアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。
———————————————–

「資産となる家を真剣に考えるセミナー」

・マーケットを知る
・資産性とは何か
・リスクを考える
・減税・補助金
・私達ができること

↓ 詳細はコチラ ↓
http://www.rchukai.com/#!seminar/c1vy0

———————————————–

ピックアップ記事

  1. 建物インスペクションを実施する最適なタイミングとは?
  2. 危険な場所は 地形図で見分ける
  3. 立地適正化計画をご存知ですか?
  4. 買ってはいけない物件を自分でチェック
  5. 土地価格の相場を知る方法

関連記事

  1. 不動産取引ガイド

    日本の家 なぜ資産にならないのか?

    おはようございます。法人営業部の犬木です。昨日、日本経済新聞に「日本の…

  2. 不動産取引ガイド

    中古住宅購入なら利用したい、国の支援制度

    中古物件を購入する場合、住宅ローン減税や補助金などの支援制度がいくつか…

  3. 不動産取引ガイド

    耐震・制震・免震 とは?

    耐震性の高い住宅にするための建物の構造形式には、一般に、耐震構造、制震…

  4. 不動産取引ガイド

    土地の権利はどこで調べるのか!?

    土地や建物など私たちの大切な財産を守るため、不動産には登記制度があり、…

  5. 不動産取引ガイド

    中古物件購入時のリフォーム会社の選び方 3つのポイント

    中古住宅の購入でリフォームは不可欠です。「中古」物件なので何かしら…

  6. 不動産取引ガイド

    床面積を増やせる??そんな裏ワザがあるのはご存じですか?

    床面積の上限は、建蔽率や容積率で制限されるため、小さな土地に一定以上の…

過去記事

  1. 不動産取引ガイド

    2019 年11月度の不動産相場
  2. 不動産取引ガイド

    耐震性能を台無しにするエアコン設置
  3. 不動産取引ガイド

    自分の目でも確かめる意識が大切!
  4. リノベーション

    限られた条件と予算の中で 誰と一緒に家を探すかが重要
  5. お金・ローン・税金

    コロナ禍で住宅ローン減税の延長はいつもと違う?!
PAGE TOP